竹内涼真の“極限状態の食事”を『スッキリ』が全面プロデュース

TV 公開日:2021/01/15 5
この記事を
クリップ

日本テレビ×Huluの共同製作ドラマであり、Season1が日本テレビ系1月期日曜ドラマとして放送予定の『君と世界が終わる日に』の劇中で主演の竹内涼真が演じる響が作る料理“響メシ”を、日本テレビ系情報番組『スッキリ』で人気の鳥羽周作シェフが全面プロデュースすることが決定した。



“生ける屍の世界”でも生きていくためには何かを食べていかなければいけない。ミシュラン一つ星レストランのオーナーシェフを務める傍ら、スッキリでは自宅で誰でもできる簡単で美味しいレシピを提案してきた鳥羽シェフ。今回は「極限状態でもできる」おいしいレシピへの挑戦となる。メニュー作りにあたり鳥羽シェフは「極限状態での食事ということで、リアリティを損なわないようキャラクターのイメージを崩さないメニューになるように意識しました」と語った。

料理の詳細については今後番組公式HPにて情報解禁予定。避難所で作る「サバイバルメシ」や、ショッピングセンターで作る「フードコートメシ」、さらには恋人・来美のために作る料理など、響メシにも是非注目していただきたい。



また、22日放送のスッキリでは特別に主演・竹内涼真と鳥羽シェフの料理企画の放送が決定。ドラマ第1話で登場する「鯖缶」を使った、また新しいレシピが誕生。二人が一体何を作るのか!?本編と合わせてぜひチェックしていただきたい。



■鳥羽周作シェフ 本人コメント

非常に面白い内容のドラマのレシピの監修をさせてもらえるなんてただ光栄だと思いました。竹内さんは元々サッカーをやられていて僕も一緒だったのでなんか親近感がありました笑

メニュー作りに関しては、極限状態での食事ということで、リアリティを損なわないようキャラクターのイメージを崩さないメニューになるように意識しました。竹内涼真さんが演じるガチのサバイバル。色々な条件の中で織りなすサバイバル飯をぜひ楽しみにしていただければと思います。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)