[Alexandros] 川上洋平がトレンドワードに急上昇、恋を匂わせるシーンと世界観に反響相次ぐ

TV 公開日:2021/01/15 14
この記事を
クリップ

1月13日からスタートした日本テレビ系1月期水曜ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演し、Twitterトレンドワード急上昇するなど、その存在に一気に注目が集まっている川上洋平。

本作は、“恋愛小説の女王”と呼ばれた母・水無瀬碧(菅野美穂)と、筋金入りのオタクである娘・水無瀬空(浜辺美波)によるエキサイティング・ラブストーリー。川上は碧の担当編集者で恋人候補となる橘漱石役を演じている。


 

【関連】『ウチカレ』菅野美穂&浜辺美波、クスっと笑えてドキっとする “トモダチ母娘”の掛け合いに注目


碧との恋を匂わせるシーンが放送前から番組予告映像で公開され話題となっていたが、1話放送後、漱石が碧をハグをする直前の"おいで"の世界観が女性たちを惹きつけた。「俳優としてもカッコ良すぎる」「"おいで"と言われたい!」などのコメントが溢れ、長時間にわたり『川上洋平』の名前がトレンドにあがっていた。


  

彼の本業は、ロックバンド[Alexandros]のフロントマン。殆どの楽曲の作詞作曲を手掛けるミュージシャンである。家入レオが歌う主題歌『空と青』も、本ドラマの脚本を手掛ける北川悦吏子が作詞を担当し、作曲を川上洋平が手掛けている。


[Alexandros]としては、2020年1月にデビュー10周年を迎え、3月17日には初のべストアルバム「Where's My History?」を発売することも話題となっている。俳優・アーティスト川上洋平にこれからも注目が集まるに違いない。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)