越智ゆらの×小南光司が描く初々しい恋物語、東京23区内初のTwitterドラマ配信決定

TV 公開日:2021/01/15 3
この記事を
クリップ

元Popteen専属モデルの越智ゆらのと、舞台「あんさんぶるスターズ! オン・ステージ」等出演で話題の俳優小南光司がW主演を務める東京23区内初の“オリジナルTwitterドラマ”『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』が2021年2月5日(金)18時00分から配信開始することが決定した。本日、予告動画・キービジュアル・場面写真・キャスト&監督コメントが解禁された。




【画像】ほかの場面写真を見る


東京の南東に位置する品川区は、オフィス街というイメージが強い一方、江戸時代から大衆に親しまれてきた屋形船や宿場町の風情が残る商店街、そして天王洲アイルを中心とするオシャレな水辺スポットも楽しめる、バラエティ豊かな街である。そんな品川区の魅力を多くの人に発信したいと考え、制作された本作。作品タイトルの“はつ恋”は、初めて品川区に訪れる人に“この街に恋をして欲しい”というメッセージを込めてネーミングされている。

品川区を舞台とした、東京23区内初の“オリジナルTwitterドラマ”『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』は、天王洲で生まれ育った幼馴染の2人、優希と武流、の初々しい恋物語。子どもの頃からずっと好きだった武流に想いを伝えられないまま大学4年生になった優希は、ある事情から品川区を離れなければならなくなる。その前に、武流とデートをして初恋の思い出を残したい。その一心で、優希は武流と「10回デートをする」という約束を取り付ける。「…今好きな人いるの?」その一言から、2人の時間が動き出す。



ダブル主演に迎えた期待のフレッシュキャストにも注目。優希役を演じる越智ゆらのは元Popteenモデルで現LARMEレギュラーモデルを務め、若者を中心に絶大な人気を誇る。近年は女優として、2020年1月公開の映画『おかざき恋愛四鏡』に主演するなど活躍の幅を広げている。武流を演じる小南光司は、舞台『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』など人気2.5次元舞台に多数出演。舞台のみならず、映画『いつまでも忘れないよ』やドラマ『チョコレート戦争』など映像作品へも出演しマルチな才能を発揮している。メガホンを取るのは、映画『通学シリーズ 通学電車』『通学シリーズ 通学途中』など若者たちの青春を数多く描いてきた川野浩司監督。

Twitterドラマ『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』は公式Twitterアカウントにて、2021年2月5日(金)18時00分から配信をスタートし、以後毎週、月曜・水曜・金曜の18時00分に配信される(全12話)。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 16件)