「藤原竜也のドラマにハズレなし」『青のSP』初回から議論巻き起こる怒涛の展開

TV 公開日:2021/01/13 24
この記事を
クリップ

浅村涼子(真木よう子)が担任する3年1組では、一ノ瀬悟(石井正則)による数学の授業が行われていた。生徒の一人、真田一樹(中川翼)は授業中にも関わらず、机に座って友人と談笑。一ノ瀬に注意されても「文句あんのか」と聞く耳を持たない。一度は見逃した一ノ瀬だったが、あまりに授業態度の悪い真田についにしびれを切らす。「いい加減にしろ」と声を荒げる一ノ瀬に、真田は逆上。机を蹴り飛ばし、椅子を窓に叩きつける。そこへ一ノ瀬が「お前のお兄さんは、優秀な成績でこの学校を卒業していったんだぞ。なのにお前はそんな体たらくで恥ずかしくないのか」と真田の兄を引き合いに出すと、真田はさらに荒れ狂う。真田が一ノ瀬に殴りかかろうとしたところに、嶋田がすかさず登場。たちまち真田を取り押さえ、あっさりと手錠をかけてしまう。


教室で生徒が逮捕されるショッキングな瞬間を目撃した浅村は「手錠なんてやめてください!彼は未成年ですよ」と取り乱す。嶋田はそんな浅村に目もくれず、真田を連行。すぐにパトカーが現れ、真田は警察署へと連れられていった。息をもつかせぬ逮捕劇に、ネット上には「まだ15分だけどスカッとする」「期待通りの面白さ」「藤原竜也様かっこよすぎやろ」「未成年だからってほっとくのはダメだよね」「手錠がキンキンに冷えてやがる」と反響が集まった。


ところが、真田が連行されるきっかけとなった、一ノ瀬の対応にも疑念が残る。「私はなにも悪くない。悪いのは真田です」と言い張る一ノ瀬だったが、生徒からは一ノ瀬が真田を挑発したとタレコミが。以前から兄と比較されることに敏感であった真田をわざとけしかけたのではないかと浅村や木島に問い詰められた一ノ瀬は「やっと真田を排除できたんだ。もう二度と振り回されたくありません。楽になりたかったんです。私をバカにするやつが捕まれば、みんな言うことを聞くようになると思って」と本音を吐露するのだった。


その後、嶋田が真田を逮捕する様子が教室内で撮影されており、ネットにアップされていたことから学校にはクレームが殺到。浅村と嶋田は動画をアップした“ブルーナイト”なる人物を特定すべく奔走する。


【次ページ】ブルーナイトの正体は?さらに巻き起こる事件に嶋田は…?

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)