『出没!アド街ック天国』4代目秘書に片渕茜アナが就任、得意のダンス披露

TV 公開日:2021/01/09 11
この記事を
クリップ

テレビ東京系列で放送中の『出没!アド街ック天国』(土曜よる9時)。 


2021年最初の放送は、1月9日(土)夜9時から「ハッピーな埼玉」を90分スペシャルで放送。 この日から、片渕茜アナウンサーが4代目秘書として就任する。


佐賀県出身、2016年入社の片渕アナ。特技は「17年間続けている」というダンス。アド街のスタジオでも、早速その特技を披露することに。可憐な印象でありつつ、前任・須黒清華アナウンサーや番組プロデューサーら周囲からは「度胸がある」「肝が据わっている」と、ハートの強さを評される片渕アナ。 果たしてダンスの出来栄えは? そして、この日の特集「ハッピーな埼玉」にかけて、渾身の“埼玉ポーズ”も披露するが…宣伝部長(司会)の井ノ原快彦、レギュラー陣の峰竜太、薬丸裕英、山田五郎、そして埼玉にゆかりのあるゲストたち(土田晃之、藤田ニコル、古市憲寿)の反応は…? 


<片渕茜コメント>

初収録は、お決まりの「出没!」という井ノ原部長との VTR フリを失念するというミスを犯してしまいました(笑)。ですが皆さんの温かい雰囲気に助けていただきながら、埼玉の魅力をたっぷりと感じ、楽しむことができました。 

今回のテーマは「ハッピーな埼玉」。埼玉県の方がどんな瞬間に幸せを感じているのか、ほっこりとする言葉が沢山詰まった放送回となっています。さらには埼玉と東京の絶妙な関係性も浮き彫りに。こちらも見どころのひとつです。 

ちなみに、初収録ということで専用のお立ち台まで用意していただき、僭越ながらダンスを披露しました。ハッピーな埼玉、そしてアド街を担当できてハッピーな私の気持ちを全力で表現しています。 是非ご覧ください! 


<プロデューサー 小高亮コメント> 

片渕は四代目の秘書となるわけですが、「アド街」の秘書は歴代長く務めてくれていて、前任の須黒も7年半担当してくれました。番組が 25 年続いていて 4 人目という…なかなか貴重な体験だと思います。この秘書役、実は誰でも出来るといった ものではなく、放送では使われない補足説明や情報、相槌などをちょうどいい間で挟みこむことで、収録が上手く回るのです。 片渕にはそれが出来ると信頼してお願いしました。まさに「縁の下の力持ち」役なのですが、きっと小さな身体の中にある大きな 度胸で番組を長く支えてくれると信じております。 


Ⓒテレビ東京

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)