上白石萌音主演『ボス恋』初回から胸キュン、初共演の空気に注目

TV 公開日:2021/01/12 27
この記事を
クリップ

『恋つづ』から一年、上白石萌音が火曜ドラマの主演に帰ってきた。


放送前から情報の解禁やキャストのテレビ出演などがあるごとに、Twitterではすでに何度もトレンド入りを果たしている『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、以下「ボス恋」)。注目の新ドラマがいよいよスタート。


 

【画像】第1話カット(全34枚)


本作はファッション雑誌編集部を舞台に、「普通・人並み・安定がいちばん」という安定志向の主人公・鈴木奈未(上白石萌音)が、24時間仕事モードのドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)や運命的な出会いをする子犬系イケメン御曹司・潤之介(玉森裕太)に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。


キャストのビジュアルも相まってこの設定を聞いただけで、もうしっくりくる。果たしてどんな“ぶるキュン”が届けられるのか。間宮祥太朗はクールでドライな先輩編集者・中沢涼太を演じる。「かっこつけることを避けてきた」という間宮のクールな演技にも期待。


上白石は3人と初共演。それぞれの組み合わせでどんな空気が生まれるのか注目だ。


また、ユースケ・サンタマリアが“おじ萌え”副社長役、なだぎ武が個性的な髪形が目を引く副編集長役、そしてミキ亜生はカメラマン潤之介のアシスタント役で登場。個性豊かなキャストが揃う。上白石は「“明日も早く現場に行きたいな”って思えるようなチーム」と話し、仲の良さそうなキャストの雰囲気が伝わってくるが、そんなチームがつくるドラマの雰囲気が楽しみなところ。


そして潤之介(玉森裕太)には1つ秘密があるという。また主人公が想いを寄せる幼馴染・健也(犬飼貴丈)にも「実は、奈未にも見えていなかった部分が彼には隠されていて…」(製作陣のコメントより)と気になるポイントも。


1話からキュンキュンするシーンが「ありますよ」とのこと。予告映像では潤之介(玉森裕太)が「俺の彼女になって」といきなりの胸キュンセリフが。本作は原作のないオリジナルストーリー。『恋つづ』スタッフ再集結のドラマということで寄せられる期待は大きいが、まずは新たな気持ちでドラマを楽しみたい。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 34件)