桐山漣が完璧クールな美魔男に、濃密キスが満載の“秘密の恋”を描く人気コミックを実写化

TV 公開日:2021/01/08 6
この記事を
クリップ

累計300万部突破(電子版含む)のみつきかこの大人気コミック『ラブファントム』(小学館「プチコミック」連載)がMBSドラマ特区枠にて2021年春より実写ドラマ化されることが決定した。主演は俳優の桐山漣、ヒロインを女優の小西桜子が演じる。


【関連】桐山漣、ステイホーム中の個性的な過ごし方を明かす「勉強にもなりハマりました」


本作は、「怪人」と呼ばれるほど優秀で、容姿端麗、冷静でスマートな行動をとる、エリートホテルマン長谷慧(38歳)と、不器用だが裏表のない、“癒し系”ピュアなホテルカフェ店員の平沢百々子(22歳)との、キスから始まる“秘密の恋”を描いたラブストーリー。本作に登場するのは、誰よりも仕事ができて隙のない、そんな完璧すぎる姿からは想像できないほど、彼女の前では蕩けた甘い姿を見せる“完璧彼氏”。職場でのクールな一面と、彼女にだけ見せる甘く熱い一面とのギャップは必見。極上に甘い“溺愛系”ラブ作品の原作の魅力を凝縮して詰め込み、毎回様々な甘いラブシーンが満載となっている。回を追うごとに甘さが増していく長谷と百々子の多様なキスシーンにも注目したい。




何事にも動じないクールな一面と彼女には甘々な姿を見せる<完璧彼氏>長谷慧役には『これは経費で落ちません!』(NHK)、『いいね!光源氏くん』(NHK)、そして今までにない一面を見せ話題となった『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ)など、注目作品への出演が途切れない、人気実力派俳優・桐山漣(漣はさんずいに連が正式表記)。年齢不詳な“美魔男”っぷりは長谷慧そのもの。



そして、不器用だが裏表のない“愛されキャラ”のヒロイン平沢百々子役には、カンヌ映画祭での上映が話題となった三池崇史監督作『初恋』でのヒロイン大抜擢以降、『猫』(テレビ東京)、『京阪沿線物語』(テレビ大阪/BSテレ東)など、テレビドラマから映画まで出演作、主演作が目白押しの新人女優・小西桜子。長谷でなくとも庇護欲を掻き立てられる、ピュアな性格の癒し系ヒロインとして、透明感溢れる演技を見せている。


本ドラマは2021年春、MBSドラマ特区枠にて放送&Huluにて定額見放題サービス独占配信予定。


この度、主演・桐山漣、ヒロイン・小西桜子、そして原作者みつきかこ先生よりコメントが到着した。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)