「レコ大」特別賞の出演者&歌唱曲を追加発表、『鬼滅の刃』話題曲生歌唱も

TV 公開日:2020/12/29 16
この記事を
クリップ

年末恒例の『第62回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)より、「特別賞」出演者&歌唱曲が追加発表された。



今年は無観客、司会は安住アナ&吉岡里帆

12月30日(水)よる5時40分から10時までの4時間半にわたり、東京・渋谷の新国立劇場より生放送される『第62回 輝く!日本レコード大賞』。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われる。


先日、2020年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」、「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など、各賞受賞者&曲を発表。番組の司会には、安住紳一郎TBSアナウンサーと女優の吉岡里帆が決定している。


「鬼滅の刃」名曲生歌唱、LiSAも生出演

このたび、今年度に話題となり注目され受賞した、「特別賞」からさらなるアーティストの出演&歌唱曲が決定した。

特別賞「鬼滅の刃」から、アニメの挿入歌ながらデジタルシングルチャート3位を獲得(オリコン調べ)、ファンの間で名曲と話題の『竈門炭治郎のうた』(読み:かまどたんじろうのうた)を椎名 豪 featuring 中川奈美が新国立劇場の舞台から生歌唱することが決定した。


さらに劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌『炎』で大賞候補となる「優秀作品賞」を獲得したLiSAが生出演し、歴代興行収入第1位を記録した「鬼滅の刃」を自身の思いと共に振り返る。なお、LiSAは今回「優秀作品賞」を獲得した『炎』の歌唱も決定している。


その他注目は…

そのほか、すでに発表されている、「特別賞」から出演&歌唱を披露するUruの『あなたがいることで』『振り子』、NiziUの『Make you happy』、松田聖子の『SWEET MEMORIES』日本語バージョン『風に向かう一輪の花』(※アーティスト50音順)、そして「特別国際音楽賞」を受賞したBTSの『Dynamite』『Life Goes On』のパフォーマンスにも注目だ(※BTS SUGAは先月肩の手術を受け、治療に専念するため今回のステージには出演しない)。


年末の音楽の総決算となる『第62回 輝く!日本レコード大賞』は、明日12月30日(水)よる5時50分から放送。「最優秀新人賞」「レコード大賞」の栄冠を手にするのはどのアーティストになるのか。また「特別栄誉賞」を受賞した嵐の活動休止前「レコ大」初パフォーマンスにも期待が高まる。


各賞受賞者&受賞曲 一覧

【優秀作品賞】
「I'm Here」 三浦大知
「愛をください~Don't you cry~」 純烈
「足跡」 Little Glee Monster
「香水」 瑛人
「世界中の隣人よ」 乃木坂46
「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」 DISH//
「離れていても」 AKB48
「母」 氷川きよし
「Fantasista~ファンタジスタ~」 DA PUMP
「炎」 LiSA
(※曲名50音順)


【新人賞】
真田ナオキ
Novelbright
豆柴の大群
Rin音
(※50音順)


【特別栄誉賞】


【特別賞】
Uru
鬼滅の刃
NiziU
松田聖子
米津玄師
(※50音順)


【特別国際音楽賞】
BTS


【特別功労賞】
梓みちよ
小林信吾
ジャッキー吉川
筒美京平
なかにし礼
中村泰士
服部克久
弘田三枝子
前田俊明
丸山雅仁
(※50音順)


【最優秀歌唱賞】
福田こうへい


■『第62回 輝く!日本レコード大賞』
12月30日(水)よる5:30~10:00(生放送)



▼『竈門炭治郎のうた』をダウンロードしたい方はこちら

https://pc.animelo.jp/portals/product/3481368(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。