“ブサ猫”演じる神木隆之介「やりたいことはなんでもできる!」

TV 公開日:2021/01/06 22
この記事を
クリップ

草刈正雄からは「素晴らしい、可愛いよ」

そんな難役だが、神木が核としたのがふくまるの気持ち。監督からは「やさぐれた感じで」というディレクションがあったというが、最初は誰からも愛されないことへの諦めがあった猫が、おじさまと出会ったことで、生きることへの希望を抱くとともに、失うものの怖さに気づく。こうした気持ちの変化を繊細に演じることを心がけたという。


映像に合わせて声を当てる役だけに、あまり現場で出演者と共演する機会がないという。そんななかでも、一度対面したおじさま役の草刈には魅了されたという。「いつ見ても紳士的で、おじさまという言葉が本当に似合う方。一度草刈さんの前で、ふくまるの声をやってみたのですが『素晴らしいね。可愛いよ』って言ってくださったんです。少なくとも草刈さんには受けたんだなと自信になりました」。


本作では、実際の猫ではなく、人形によってふくまるは表現される。神木は「本物の動物が演じた方がリアルなのかもしれませんが、逆に言うとできないこともある。人形が動くことで、猫の気持ちがより伝わりやすいと思うんです。猫ってこういう風に思っているんだろうなというのがお芝居を通してリアルに伝わる気がします」とメリットを挙げていた。


【次ページ】一人でも大丈夫だけれど、人と人が接することの大切さも痛感

2/4ページ

この記事の画像一覧 (全 25件)