中村倫也、とばっちり北川景子を優しくフォロー「僕ら、俳優なの」

TV 公開日:2021/01/02 94
この記事を
クリップ

北川景子と中村倫也が、1月2日(土)午後3時45分から放送されるスペシャル番組『新春大売り出し!さんまのまんま』(カンテレ・フジテレビ系 全国ネット)に登場。2人のコメントが到着した。


DAIGOの育児エピソード

北川景子は『さんまのまんま』に7年ぶり2回目、中村倫也は初登場。北川との久々の再会にさんまは「俺が会ってない間に結婚して子ども産んで!」とビックリ。現在、子育て真っ最中の北川は、「メンタルが追い込まれる。ちょっとした冗談でもイラッとした」と、出産後の自身の変化について明かす。夫のDAIGOは育児に協力的なものの、「子どもが大きい声で泣いているとき、真横で爆睡していた」というエピソードも。また、子どもの将来について「芸能界にはなるべく入らせたくない」と語る。


中村倫也のモノマネに、さんま笑い転げる

中村は「似顔絵が得意」ということで、その場でさんまとまんまちゃんの似顔絵を披露。出来栄えを見たさんまは「似てるけど、うまいの?」と率直な感想を述べるが、「このクオリティーでやらせてもらってます!」と中村は自信満々に答える。また、「似てないモノマネが好き」という中村は、さんまのどんなムチャブリにも対応。本当に似てないそれらのモノマネにさんまは「モノマネなめんな」と言いつつ笑い転げてしまう。


さらに、さんまは普段モノマネをしないという北川にまでモノマネをムチャブリ。てんてこ舞いになりながらもモノマネを披露する北川の姿は必見。


中村が北川を優しくフォロー

収録後、北川は「久しぶりにヒリヒリして、寿命が縮みました(笑)」と、さんまのムチャブリについて語ると、中村は「しっかりとさんまさんと関われたという感じがしてすごくうれしかったです」とニッコリ。また、モノマネのエピソードについては「何でモノマネを自分で振ったのかはよく分からなかったです(笑)」と明かし、自身が披露したモノマネは「2つか3つだと思っていたんですよ。ただ、やっぱりその先を見たくなりますからね。まだ行けるだろうって、限界を超えたところにある面白さみたいな」と、こだわりを語った。その一方で、北川には「僕ら、俳優なの。いいのよ。そんなことでヒリヒリしましたとか」と、優しくフォローした。


北川景子&中村倫也 コメント全文

――7年ぶり2度目の出演でしたが感想を教えてください。

北川「久しぶりにヒリヒリして、寿命が縮みました(笑)。前回さんまさんと会ってから時間が経っていたので、その感覚にビックリしてしまって…。思い出しました」


――バラエティーは久しぶりだったのでしょうか。

北川「バラエティーはあまりやっていなかったので、“あぁ、そうだった。そうだった”と思って(笑)緊張しました。何をしゃべったのか、あまり覚えていないです」


――中村さんは初めての『さんまのまんま』でしたが、いかがでしたか

中村「楽しかったです。さんまさんとお仕事をご一緒させていただいたことは何度かあったんですけど、いつもと違い、座ってゆったりとした雰囲気の中でコミュニケーションをとらせてもらうことができました。そういうのは初めてだったので、しっかりとさんまさんと関われたという感じがしてすごくうれしかったです。ただ、何でモノマネを自分で振ったのかはよく分からなかったです(笑)」


――モノマネをたくさん披露していました。

中村「2つか3つだと思っていたんですよ。やっぱりその先を見たくなりますからね。まだ行けるだろうって、限界を超えたところにある面白さみたいな。(北川さんは)とばっちりを…」


――北川さんもモノマネを披露しましたが。

北川「そうですね。テンパっちゃいましたけど。たぶん似てたと思う(笑)。

中村「似てた」

北川「ありがとうございます」

中村「85点は取れてた」

北川「良かったです」


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)