香取慎吾&山本耕史16年ぶりドラマ共演、ライバル役に「大の仲良しなので本当に嬉しい」

TV 公開日:2020/12/25 8
この記事を
クリップ

テレビ東京では2021年1月25日(月)夜10時から、SNSでの誹謗中傷をテーマにした全く新しいサスペンスドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』を放送する。主演の香取慎吾が民放ドラマ出演5年ぶり、テレビ東京のドラマ出演は1988年の『あぶない少年Ⅲ』以来33年ぶり(いずれも2021年1月時点)となる本作だが、今回は香取演じるワケあり捜査官・万丞渉(ばんじょう・わたる)が所属する、SNSトラブル専門の対策室「警視庁指殺人対策室」【“指殺人”対策室】、通称“指対(ゆびたい)”メンバーに続く、新たなレギュラーキャストを発表。万丞がかつて所属した捜査一課の刑事・羽鳥賢三(はとり・けんぞう)役に山本耕史が決定した。


山本はNHK大河ドラマ『新選組!』(2004年)での共演以来、香取と親交が深いことでも知られているが、2人のドラマでの共演は、この『新選組!』以来なんと16年ぶりとなる。プライベートでは親友の2人が対立関係を演じることになった今作。何かと万丞につっかかる羽鳥と、そんな羽鳥を疎ましく思う万丞の元同僚バトルは必見だ。


【次ページ】山本耕史コメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)