『鬼滅の刃』声優 下野紘、さんまの衝撃発表に声裏返る「えっ!えっ!さんまさんが…」

TV 公開日:2020/12/25 32
この記事を
クリップ

1月2日(土)午後3時45分から放送されるスペシャル番組『新春大売り出し!さんまのまんま』(カンテレ・フジテレビ系 全国ネット)に、さんまも大ファンを公言している吾峠呼世晴原作のTVアニメ『鬼滅の刃』から、主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)役を務める声優・花江夏樹と、我妻善逸(あがつまぜんいつ)役を務める下野紘が初登場する。

【画像】炭治郎役を務める声優・花江夏樹


収録前に意気込みを尋ねると、「非常に楽しみにしています。全集中で頑張ります!」(花江)、「“トークの鬼”に負けないように僕も自分なりの霹靂一千(へきれきいっせん)を撃てるように、トークの一撃をちゃんとかませるように頑張りたいと思います!」(下野)と、“お笑い怪獣”とのトークバトルに抱負を寄せた。

本番が始まると、声優らしくチャイムではなく「ピンポーン!」と自分たちで声をあげて入ってくる2人。大喜びのさんまを前に下野は「この状況がよくわからないです。何で僕が『さんまのまんま』に来てるんだろうって。“さんまさんに呼ばれてるよ”と言われたときは、ビックリして事務所に聞き返しましたもん(笑)」と、大ヒットの先がまさかの『さんまのまんま』出演だったことに驚いた様子。花江は「僕が生きてるうちに(さんまさんに)お会いできるとは思いませんでした」と、さんまとの初対面を喜んだ。また、今回はこの収録前に決まったばかりだというさんまからの衝撃サプライズ発表も。さんまの大ニュースを聞いた下野は「えっ!えっ!さんまさんが…」と、声が裏返ってしまうほど驚いてしまう…いったい何が!?


そこへ大の鬼滅ファン、椿鬼奴が合流。2人を見るなり「あー! やばい!」と号泣する鬼奴。「本当にありがとうございます。感動をありがとうございます」と、2人に感謝をし、ある番組での過酷なロケの際には「『水の呼吸』を使わせてもらって水に飛び込めた」「怖くてしょうがないときは『私、長女だからがんばれる』の言葉でいけた」など、鬼滅の名言で乗り越えてきたというエピソードを語る。

そんなさんまと鬼奴に2人は鬼滅グッズをプレゼント。禰豆子(ねずこ)好きのさんまへのお土産は“てのひら禰豆子ちゃん”。かわいらしいフィギュアを持つ“お笑い怪獣”の姿は必見だ。また、声優界一のから揚げ好きキャラでもある下野は、自身がプロデュースした特製から揚げをふるまう。さらに花江は「手放したくないほど大切にしている」という、趣味で集めている“マスク”の中から大のお気に入りマスクをプレゼント。マスクといっても花江が集めているのはかぶるタイプのマスク。一風変わったマスクをかぶったさんまを「めちゃくちゃ似合う!」と全員が絶賛する。

収録を終え、花江は「さんまさんはCGみたいでした」と、初共演だった今回は実感があまりわかなかった様子。下野は「さんまさんってキャラクターみたいな感じ。アトラクションに来て、始まっているみたいな感覚でした」と、『さんまのまんま』をアトラクションに例えながら興奮気味に語った。また、『鬼滅の刃』の中で自身が似ているキャラクターを聞かれると、花江が「1番(自分に)合っているのは村田さん」と、意外にもマイナーなキャラクターを上げると、下野は「僕の場合は、“雷の呼吸を持っていない善逸”」と明かした。最後に、2人にさんまへのメッセージを尋ねると「“あのお話”はよろしくお願いいたします(笑)」(花江)、「“あのお話”はお待ちしております」(下野)と、何やら意味深な発言を残した。果たして、花江と下野が話すさんまとの“あの話”とはいったい!?答えは放送で明かされるので、ぜひご注目を。

このほか、KinKi Kidsや、北川景子と中村倫也、バドミントン世界ランキング1位の桃田賢斗選手、広瀬アリスが出演する。今田耕司がオススメの若手芸人を紹介する毎年恒例のコーナーも。見どころ満載の『新春大売り出し!さんまのまんま』は、1月2日(土)午後3時45分放送。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)