嵐、活動休止目前…本音を明かす5人の見たことのない表情が胸に迫る

TV 公開日:2020/12/24 21
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixは、2020年12月30日(水)午後5時より、Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第22話 (タイトル:2020年12月31日に向かう 前編)と第23話(タイトル:2020年12月31日に向かう 後編)を全世界独占配信する。また2021年に追加エピソードの配信も決定。活動休止を迎える12月31日まで嵐5人の姿に迫る。


第22話「2020年12月31日に向かう 前編」
11月3日、ファンと楽しんだ『アラフェス2020 in 国立競技場』の配信を終えた彼らが、ついに“その日”へ向けて動き出す。休止前最後の雑誌取材やレギュラー番組収録にも取り組みながら、初の生配信ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31.」に向けて連日ミーティングを重ねていく5人。同時に『みんなで準備だ!TV』の開設と収録、最新かつオリジナルの鑑賞システムを導入するなど、配信当日の万全を期すための準備に余念がない。活動休止という“その時”が近づいている今、何を思うのか?このドキュメンタリーだからこそ聞ける問いかけに、リアルな心境を語る5人。本音を隠すことなく漏らす彼らの、あまり見たことのない表情が胸に迫る。感謝を伝える『5×20』、みんなで楽しんだ『アラフェス』。そう位置付けるならば、この『This is 嵐 LIVE』は、「俺らが今、このタイミングで、みんなに届けたいメッセージ」。その日、その時を迎えるまで、“笑顔で。変わらず、前へ”と願う彼らの姿、今この時を刻み付けるように楽しむ様子が収められている。

第23話「2020年12月31日に向かう 後編」
22話から続く後編は、本人たちのインタビューで全編構成され、5人それぞれの姿を正面と横から捉えるカメラワークのみで、純度100%の彼らの言葉と思いを掬いとる。インタビューの主題はもちろん、2020年12月31日に向かっている今の思い。2年以上前から“休止前最後の日は、ファンと共に、嵐のライブで締める”と決めていた彼らが、率直に、そして噛みしめるように語る横顔や切実な表情。まだ見ぬ新しい景色を、全力でファンに届けようとしている今、2020年12月上旬に収録された、ほぼ“時差のない”リアルな思いを聞けるのは、このドキュメンタリーならではだ。5人で歩んできた、この21年。エンタ―テインメントとファンへ注いできた深く誠実な愛情の全てと、これまで以上にたくさんの“新しい挑戦”を届ける休止前のラストステージ“This is 嵐”。彼ら初の生配信ライブが始まる、その日、その時は、まもなく。休止前最後にして最大の“嵐のチャレンジ”をリアルタイムで見届け、5人からの“メッセージ”をしっかりと受け取るための“準備”としても、必見だ。

■Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ 『ARASHI’s Diary -Voyage-』
Netflixにて全世界独占配信中
出演:相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔
エピソード:全20話以上(毎月不定期配信予定)

▼関連

※本記事は掲載時点の情報です。