及川光博&江口のりこ 『#リモラブ』撮了、ミッチー節で感謝を語る

TV 公開日:2020/12/22 11
この記事を
クリップ

女優の波瑠が主演を務める日本テレビ系ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』が、明日よる10時に最終回を迎える。”昭和のラテン系おじさん”カネパル人事部長の朝鳴肇を演じた及川光博、朝鳴の息子・保を演じた佐久間玲駈(ジャニーズ Jr.)、胸に刺さる“富近語録”が話題をよんだ精神科医・富近ゆりを演じた江口のりこが「朝鳴家」でクランクアップを迎えた。


今回が連続ドラマ初出演となった朝鳴保役の佐久間玲駈は、「はじめてドラマに出演して、緊張していたけどみんな優しくしてくれて、楽しかったです!」と話すと父親役の及川が「お父さん役の及川さんはどうだった?」と質問、佐久間は「すごく優しくて、面白い方でした!」と笑顔で答え、及川も「よしっ!」と、本当の親子のような掛け合いで場を和ませた。


富近ゆりを演じた江口のりこは、「有難うございました!(日本テレビの撮影所)生田スタジオが大好きで、その場所で皆さんと一緒に仕事ができてすごく嬉しかったです。」と話すと、及川がすかさず「生田スタジオのどこが好き?」と質問、江口も「食堂!楽屋の窓から緑が見えるところ!あとはスタッフのみなさんが明るい」と即答。“はじめちゃん”と“ゆりっぺ”らしい、仲の良さをみせた。



そして、朝鳴肇を演じた及川光博は、「有難うございました!何とか無事にゴールテープをきれたことが嬉しいです。スタッフの皆さんが、最後まで感染症予防対策をしっかりして下さったおかげで、無事この日を迎えられる訳ですが、マスクを取った皆さんの顔を全然見てないので(笑)、いつか他の作品でミッチーと会ったら『#リモラブ』で一緒でしたと声をかけて下さい!じゃあね!チャオ!」と“ミッチー節”でスタッフへの感謝を語った。


※本記事は掲載時点の情報です。