松下洸平の男気宣言も…!?『#リモラブ』最終回、幸せなクリスマスを願う声続々

TV 公開日:2020/12/23 38
この記事を
クリップ


そしていよいよ今夜放送の最終回。その予告映像も公開された。舞台はクリスマス目前、青林と気まずい雰囲気になってしまっているであろう美々は、八木原に「仕事以外クリスマスの予定はありません!」と言い切る姿が。一方青林はうなだれていると、五文字から「逃げんなよ」とはっぱをかけられる。すると青林は「五文字には渡せない」と真剣な表情で宣言する場面が…。



予告編では、美々&青林カップル以外のその後の様子も…。

保から「お母さんはいらない」と言われた朝鳴は、富近に「もう会わないほうがいいかもしれない。3人でクリスマスは難しいことだったな」と伝えると、富近は「難しいけど、それでも惹かれたんだよ、あなたに」と伝えるシーンが。これまで数々の名言で美々や周囲の人々を励ましてきた富近だが、今回も一体どんな名言が飛び出すのかにも期待が高まる。


プロポーズ失敗で落ち込んでいた八木原も、予告編では目にうっすらと涙を浮かべながら「僕の隣で笑っていてください」と栞に伝える場面も予告動画では盛り込まれており、八木原の“二度目のプロポーズ”にも注目が集まる。



予告動画だけでも、早く最終回が見たくて堪らなくなってしまう内容になっているが、なんといっても、この予告編の中にこれでもかというくらい素敵なセリフが詰まっており、ラストへの期待が高まりまくる。


この予告動画が公開されると、「最終回楽しみ!」「もう終わっちゃうんだ、寂しい…」「心が暖まる場面が多そう」とコメントが。特に、人事部仲良しコンビである青林と五文字の居酒屋おとでのやりとりのシーンでは「最後にあおちゃんは男をみせるはず!」「男らしい青林が楽しみ!!」と期待の声が多く寄せられている。


いよいよ最終回、3組とも幸せなクリスマスを過ごしてほしい…そう思わずにはいられない。



最終回あらすじ

すれ違ってしまった美々(波瑠)と青林(松下洸平)。そんな中、美々のリストラ話が浮上、岬(渡辺大)を中心に反対の署名活動が行われる。

一方富近(江口のりこ)は、朝鳴(及川光博)の息子が、「新しいお母さんはいらない」と言っているのを知らされた上、朝鳴から別れを告げられる。八木原(高橋優斗)は栞(福地桃子)と改めて結婚について話し合う決意をする。

お互い分かり合いたいと思う美々と青林。しかしそう思えば思うほど、なかなか分かり合えずにことごとくズレていく。そうこうしてる内にクリスマスがやってきて…。二人はクリスマスまでの間、口では言いにくい時に、3回までSNSで会話してもいいと決めたルールに従い、「草モチ」と「檸檬」に戻ってお互いへの想いを語り始める。


※高橋優斗の「高」の正式表記ははしごだか




2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)