松本潤、CMソングを初めて歌い感動「歌っていいんだ…」

TV 公開日:2020/12/22 12
この記事を
クリップ

松本潤が出演する明治ミルクチョコレートの新TVCM「チョコレート鉄道の旅・クリスマス」篇(30秒)が、12月25日(金)から全国でオンエアされる。



松本潤が初めてCMソング披露

明治ミルクチョコレートの「ずっとかわらない優しさ」をテーマとした本TVCMは、チョコレートの惑星を旅する松本が、汽車の中で幼い兄妹と出会うショートストーリー。10年にわたりCMキャラクターを務めている松本が、初めてCMソング「明治チョコレートのテーマ」を披露するほか、明治ミルクチョコレートを使ったマジックに、代役や特撮なしで挑戦するなど、見どころの多いTVCMとなっている。


「無理なスケジュールが組まれちゃう」のは…?

ミルチを切符に変えるマジックを事前に映像でチェックした松本は「難しいなぁ…」とやや険しい表情を見せていたが、客車のセットに入りプロのマジシャンに手ほどきを受けると、あっという間にマスターしスタッフを驚かせた。監督がその上達ぶりを称賛すると、松本は照れくさそうな表情で「できるようになってる気がしない。みんなウソついてるように思える(笑)」とコメント。


さらに演技を加えながら約20分間の猛特訓を経て挑んだ本番は、見事に一発で成功!「ふ~…」と大きく息をついた松本は「運だけでここまで来たからね。たまたまできちゃうから、無理なスケジュールが組まれちゃう」「緊張で脳の血管が何本も切れてます」と話し、周囲を笑わせた。

クオリティーアップに余念なし

後半で見せるマジックは、切符に変えたミルチを元に戻し、さらに2枚に増やすという難度の高いもの。調子の出てきた松本は「もっとこうした方がパッケージが見えやすいですか?」とカメラマンに確認するなど、クオリティーアップに余念がない。監督が「(自分で)ハードル上げますね~」と笑いながら声を掛ける中、いよいよ本番がスタート。特訓のかいあって撮影はスムーズに進行した。


チョコレートの惑星を旅する汽車は、メルヘンとリアルを絶妙にバランスさせるため、模型を製作して撮影が行われた。惑星に敷かれたレールを、汽車がガタゴトと走る動きを再現するため、撮影当日の現場でも改修を行うこだわりよう。また、チョコレートをイメージした20余りの惑星も実際に模型をつるして撮影しており、スタジオ入りした松本は、完成度の高い模型に興味を示していた。

OKが出ても「もう一度やらせてください」

「チョコレートは明治~♪」を口ずさみながらミルクチョコレートを食べるシーンは、CM出演歴の長い松本らしく、即OKテイクとなったが、松本は「もう一度やらせてください。もっとうまく食べられる気がする」と再挑戦。よりおいしそうな表情を映像に収めることができ、ここですべての撮影が終了。撮影後のインタビューでは、「記念すべきCMです」と、CMソングを初めて歌った感動もコメントしていた。


1/2ページ

関連タグ