本田翼、杉野遥亮ら“マッチングアプリ”での出会いを描く、新春SPドラマ放送決定

TV 公開日:2020/12/21 7
この記事を
クリップ

女優の本田翼が、2021年1月10日(日)よる10時30より日本テレビで放送されるスペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』で主演を務めることが発表された。


6人の男女が織りなすリッチなラブコメディの放送決定

本作は主演・本田翼×恋愛映画の名手・新城毅彦監督が贈る、マッチングアプリを題材にキュンとしてホロリとくる6人の男女が織りなすラブコメディ。共演として、杉野遥亮、山本舞香、鷲見玲奈、濱津隆之、そして野村周平が出演する。


Huluでは、地上波放送に先立ち1月7日目午後6時よりドラマの先行配信を開始。さらに地上波放送直後から、Hulu オリジナルストーリーとして、アプリで“マッチング”した妙子と誠のその後を描く「アプリの向こう側編」が独占配信される。



ストーリー


イベント会社に勤める28 歳の加瀬妙子(本田翼)は、いつも“選ばれない”人生にうんざりしていた。この日も会社でミスをして、社長の糸川(濱津隆之)から叱責を受け、家に帰ると彼氏から別れを告げられてしまう。妙子は知り合いのカフェ店員・遥斗(野村周平)の勧めで“マッチングアプリ”を始めることに。なかなか「いいね♡」が付かずアプリの中でも“選ばれない”妙子だが、アプリの達人を自称する遥斗の教えで、遂に好条件の男・長谷川誠(杉野遥亮)とマッチングする。万全の準備で初デートに挑むが、イケメンなのに不愛想で、口が悪い誠への印象は最悪。果たしてこの“マッチング”は妙子にとって、吉とでるか、凶と出るかー?


一方、「ヤリモク(=性行為を目的とすること)」を公言する遥斗だが、アプリで出会った美しい女性・咲子(鷲見玲奈)の思わせぶりな態度に振り回され、毎度ギリギリではぐらかされてしまう。妙子の上司・糸川も妻に逃げられた寂しさからアプリで女子大生・実日子(山本舞香)とマッチングするが、実日子の目的はメシモク(=食事を奢らせることを目的とすること)で…。アプリを通して、それぞれの想いが交錯する中、遂に決戦の日が訪れる。3組の男女の恋の行方はー?


1/2ページ