『社内マリッジハニー』板垣瑞生&松井愛莉、晴れて“本当の夫婦に” ラブラブデートにファン悶絶

TV 公開日:2020/12/18 28
この記事を
クリップ

板垣瑞生演じるドS男子・三浦真夏と、松井愛莉扮するあざと女子・春田あみのキュンキュンする恋模様が話題のMBSドラマ特区『社内マリッジハニー』。

第6話では、即日婚や秘め婚の理由も明かされ、晴れて“本当の夫婦”となった二人がついに真夏の実家に挨拶に行くことに……。真夏の母の優しさや改めて本当の夫婦になったと実感する二人に、SNS上では「毎週どれだけキュン死させるの!」「マリハニタイム終わらないで」と熱いコメントが溢れていた。


【関連】『社内マリッジハニー』板垣瑞生、突然の結婚報告に大反響「キュンキュンして息が止まった」


真夏との甘いバースデーを過ごしたあみは、会社の同僚におのろけ全開……も初めてとなる真夏の母親との対面がちょっぴり不安。さらに深く愛し合いたいあみだったが、真夏が「子供できたら困るでしょ」と言ったことが、心に影を落とす。


会社でも悩みを引きずるあみに、真夏の元カノの新川茉里奈(貴島明日香)は、子供を持たない人生を選択することをあみに告げると「夫婦の形は二人で決めればいい。不安になっても本音を言い合えるのが夫婦なんだから」と背中を押す。


そんなあみに、後輩の山形(押田岳)が「あみ先輩のことが好きです。俺ならあみ先輩のことを不安にさせません」と直球告白。しかしあみは「ごめん、私山形くんの気持ちには答えられない」とはっきり断ると、心にある不安をすべて真夏に話そうと決心する。



あみは「真夏さんは子供欲しくない人なんですよね?」と恐る恐る切り出すと「本音はいつか真夏さんとの子供が欲しいと思っています」と打ち明ける。あみのまっすぐな気持ちに真夏はためらいながらも「俺の本音は」と言うと「俺もいつかあみちゃんとの子供欲しいと思っているよ」と答える。真夏の発言が、あみのことを大切に思ってのことだと分かると、真夏&あみ夫婦のラブラブレベルはさらに上昇する。本音を語り合う二人に「お互いちゃんと向き合える素敵な夫婦」「思い愛夫婦」「羨ましすぎる……」とSNSでは称賛の嵐。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 15件)