岩田剛典『名も無き世界のエンドロール』ラストから半年後を描く「自分としても納得」

TV 公開日:2020/12/18 7
この記事を
クリップ

「第25回小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫による同名傑作小説を原作に、岩田剛典×新田真剣佑が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメント映画『名も無き世界のエンドロール』が、年明け1月29日(金)より全国公開される。


そしてこの度、映像配信サービス「dTV®」にてオリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~』が、映画公開と同日の1月29日(金)より全3話で独占配信することが決定した。あわせて、本作のポスタービジュアルと特報映像、本編場面写真も初公開された。舞台は映画のラストから半年後の世界。闇の交渉屋として生きるキダを中心に、幼なじみしか知らないはずのある言葉を放つ謎の女性との出会いをきっかけに自らの運命と対峙していく様を描く。


本作の主演を務めるのは、映画同様に岩田剛典。映画では、幼なじみのマコト(新田真剣佑)と表裏一体のバディとなり、10年という歳月をかけて日本中を巻き込むある計画を実行していく闇の交渉屋・キダを演じるが、オリジナルドラマが描くのは、映画のラストから半年後のキダの姿。彼の前に現れた1人の女性との出会いを通して、命を賭けた交渉に再び臨んでいく。更に、マコトとの意外な繋がりを持つ謎の女性・ミチル役にはモデルとして活躍し、近年では俳優としても注目される松井愛莉。ミチルが働く裏組織のトップで、恐怖で人を支配するケイ役に、ミュージシャンとしても熱狂的に支持され圧倒的な存在感を放つ金子ノブアキと、ドラマ版の豪華オリジナルキャストが出演。

また、新田真剣佑、山田杏奈、石丸謙二郎、柄本明と映画出演キャストも再び集結。原案はキャラクターたちの生みの親である原作者の行成薫が書き下ろし、映画の“その後”を丁寧に描写。監督も映画同様に総監督として佐藤祐市が務め、映画の世界観はそのままに、ドラマとして〈もう一つのエンドロール〉を作り上げた。尚、本作の主題歌も、映画同様に須田景凪の『ゆるる』を起用している。

解禁された特報映像は、キダが「交渉屋だ」と再び名乗る姿、銃を構えケイ(金子)と向き合う緊迫感あるアクション、涙を流す場面などが切り取られており、もう一つのエンドロールがさらに劇的な物語になっていることを期待させる。併せて解禁されたポスタービジュアルは、差しこむ夕日を背景にこちらを振り返ろうとしているキダの姿が切り取られており「映画を観る前には絶対に観ないでください」という、気になるコピーも添えられている。

オリジナルドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~』は、2021年1月29日(金)よりdTVにて独占配信される。


【次ページ】岩田剛典らキャストコメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)