『恋つづ』『MIU404』などのプロデューサーらが審査、未来の女優を発掘

TV 公開日:2020/12/17 22
この記事を
クリップ

TBSでは、全国の10代の女性を対象に、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成する「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」を発足。オーディションの審査を担当するTBSドラマ制作陣の一部が発表された。


このプロジェクトに、幅広い世代に人気の俳優・タレントが所属する「田辺エージェンシー」と、数多くの番組、ドラマ、映画から、アイドルや楽曲など様々なエンターテインメントを手掛けてきた秋元康がタッグを組む。TBSからは、人気ドラマ『半沢直樹』『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』『テセウスの船』『恋はつづくよどこまでも』ほか数々のヒット作を手掛けてきたドラマ制作陣らが参画して、ともに「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」のメンバーを選出し、デビューまでを全面的にサポートしていく。


このプロジェクトでは、最終審査を中心に審査過程を追う密着番組を制作。最終審査を勝ち抜いた10~20名(予定)は「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」のメンバーとして活動し、女優になるための幅広い育成カリキュラムに参加。TBSドラマ制作陣が手掛ける連続ドラマへの出演が予定されており、育成期間中の活動を通して適性を審査し、配役が決定される(挑戦するドラマの第1弾は青春群像劇の予定)。メンバーの育成期間中の活動はプロジェクトが全面的にサポートし、活躍の場を検討、長期的にマルチな活躍ができる場を模索する。TBSは、このプロジェクトから将来、ドラマの主演として活躍する未来の女優が誕生することを期待している。


本日12月17日(木)より公式HPでオーディションのエントリー受付を開始。さらに、オーディションの審査を担当するTBSドラマ制作陣の一部が発表された。


『半沢直樹』『下町ロケット』シリーズをはじめ、多くの日曜劇場作品の監督を務め、『3年B組金八先生』シリーズでは今をときめくスターたちを若手時代から演出してきた福澤克雄。『MIU404』『アンナチュラル』ほか、幅広い世代から注目される話題作を多くプロデュースしてきた新井順子、『恋はつづくよどこまでも』『逃げるは恥だが役に立つ』シリーズなど、若い世代や働く女性から圧倒的な支持を得る作品を手掛けてきた宮﨑真佐子らが、審査員として本プロジェクトに参加する。TBSドラマを支えてきた多くのキャスティング、そして独自の新人俳優発掘の視点を駆使して、まだ見ぬ未来の女優を発掘していく。


■コメント

<総合プロデューサー・秋元 康>

昔の作品は大抜擢というのがあって、それよって何か新しいものが産まれていたと思います。もちろん今旬な俳優さんとご一緒したい気持ちもありますが、みんなで「この人に懸けてみたい!」と思うような方に出会いたいです。今の新型コロナウィルスなど様々な問題で夢を見るチャンスが少ない時代に、何をしていいかわからないという若い人が多いと思います。そんな初めから才能があったり、チャンスがある人ばかりではないのです。一つ目の階段を上るか、一つ目のドアをあけるかどうかが大事です。「女優になりたい!」「テレビドラマに出てみたい!」という人はもちろんのこと、「何もやりたいことがない」「夢がない」「私ってなに?」と思っているような人も応募してみて欲しいです。壁にぶち当たった時、壁を乗り越える必要はないし、じっと考えたり、立ち止まってしまうのではなく、右や左に動いてみる、まずは行動してみてほしい。その一つがこのオーディションになったらうれしいです。ダイヤモンドの原石を磨いてくれるプロと一緒にスターを発掘していったら、素敵な人と出会えるのではないかと期待しています。


<福澤克雄(演出:『半沢直樹』シリーズ、『下町ロケット』シリーズ ほか)>

僕が今までやってきて思うのは、「何か特別な才能を持っている人」というのが、いい女優さんだということです。でも、誰もがその才能に自分では気付かない、親も、もちろん先生も気付かない。こればっかりはやってみないとわからないというのが、不思議なものです。セリフのうまさや滑舌は練習すればどうにかなりますが、その人が生まれ持っているものや、惹きつける魅力を持っている人は、磨くともっと大きくなるんです。「私なんて自信ない・・・」なんて思わずに、もしかしたらとてつもない才能があるかもしれません。これは本当にわからないから、ぜひとも挑戦して、あるかないか見つけてほしいと思います。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)