『ボス恋』倉科カナ、上白石萌音の恋のライバルに!?

TV 公開日:2020/12/15 8
この記事を
クリップ

TBSでは来年1月期の火曜ドラマ枠で『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』を放送する。本作は、ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公がドSな鬼編集長や運命的な出会いをする子犬系男子に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

上白石萌音が演じる主人公・鈴木奈未(すずき・なみ)は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育ち、夢もやりたいことも特にない平凡女子だ。奈未は東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の面接を受ける。しかし採用されたはいいが、備品管理部ではなくファッション雑誌編集部に配属されてしまう。そこで出会ったのは、菜々緒演じる最年少編集長・宝来麗子(ほうらい・れいこ)。彼女はまさに「バリキャリ」であり、「超敏腕」「毒舌・冷徹」な鬼上司だった・・・! 


麗子は生半可な気持ちで働く奈未に対して冷たく当たる。「なんで私がこんな目に!?」人並みに仕事をして、“普通の幸せ”を手にするはずだったのに・・・それでも麗子の仕事に対する姿勢を間近で見ているうちに、奈未の「仕事をすること」への意識が変わっていく。さらに、ひょんなことから出会った、玉森裕太演じる子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介(じゅんのすけ)からは突拍子もない提案が。 鬼上司にも、子犬系御曹司にも振り回される奈未。そして間宮祥太朗演じるクールな先輩編集者・中沢涼太(なかざわ・りょうた)からは邪魔者扱いされ・・・。仕事も恋愛も「そこそこでいい」はずだったのに・・・!? でも、今、彼女は全力で走り始める。


このたび、玉森裕太演じる潤之介の幼馴染で奈未の恋のライバル(?)となる蓮見理緒(はすみ・りお)を、安定した演技力で多くのドラマや映画で活躍するほか、Instagramに投稿したオフショットが度々話題になるなど今大注目の女優・倉科カナが演じることが決定した。倉科のTBSドラマへの出演は9年ぶりとなる。


倉科が演じる理緒は潤之介と幼馴染で、2人は一緒に過ごす時間が多かった。しかし理緒は大学卒業後にプロのヴァイオリニストになり、世界を目指しヨーロッパへと旅立つ。数年後、帰国した理緒が潤之介の前に突然現れ・・・。理緒は奈未と潤之介の関係に大きく関わっていく。


明るく自由で天真爛漫な理緒を、倉科が魅力的に演じる姿にご注目いただきたい。バラエティに富んだ実力派キャストが次々に決定し、『ボス恋』はますますパワーアップ。こんな時だからこそ、「恋」と「希望」で日本を元気にしたい!2021年1月期火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』をお楽しみに。


【次ページ】倉科カナコメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)