大地真央が痛快毒舌、松本まりかは“怪演”封印『最高のオバハン 中島ハルコ』ドラマ化

TV 公開日:2020/12/14 11
この記事を
クリップ

女優の大地真央が、2021年4月10日(土)より放送される東海テレビ・フジテレビ系全国ネット「オトナの土ドラ」シリーズ第33弾『最高のオバハン 中島ハルコ』で主演することが発表された。


【画像】ほかの画像を見る

林真理子の『最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室』『最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない!』 (文春文庫刊) に漫画家の東村アキコがほれ込み漫画化を熱望。 出版社の枠を超え、 『ハイパーミディ 中島ハルコ』(「ココハナ」集英社)としてコミック化もした人気作。


大地が演じる主人公・中島ハルコは、還暦を迎えるバツ2の独身。高価なジュエリーやファッションが様になる美容系クリニックの敏腕経営者。ただし、生粋の名古屋人であり、無駄なことが大嫌い。無駄なプライドから生まれる悩みや、忖度まみれの理不尽な仕事の悩みをばっさばっさと切り倒す。

また、菊池いづみ役で、松本まりかの出演も発表された。松本は今回は“怪演”を封印、ハルコに翻弄されまくるアラフォー女子を熱演する。


本日、大地、松本、林らからコメントも到着した


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)