『極主夫道』最終回に、次期『君と世界が終わる日に』主演・竹内涼真がカチコミ

TV 公開日:2020/12/13 10
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。


今夜、いよいよ最終回を迎えるドラマ『極主夫道』。誘拐されてしまった娘を追っていた龍に驚きの展開が待ち受けることに…そして、今まで愛する家族や仲間、町のみんなのために奮闘してきたが、最終回は、「余命3か月」と宣告をうけてしまった龍のために、みんなが奮闘!龍が「死ぬまでにやりたいこと」、キャンプ・温泉・喫茶店の経営・サンタクロースの願いを叶えるために、一致団結。最終回特別ゲストとして、医者役に眞島秀和が、風邪のウィルス役として蝶野正洋が出演!最終回にして、最大のドタバタ劇となっている。


そして、最終回ナレーションに来年1月17日スタートの日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』から、主演の竹内涼真のカチコミが決定した!日テレ×Huluの共同製作ドラマである『君と世界が終わる日に』は、地上波ゴールデン帯の連続ドラマでは初のいわゆる「本格ゾンビもの」。竹内涼真演じる自動車整備工の青年 間宮響(まみや・ひびき)がゾンビに占拠された街で生き別れた恋人を探して決死のサバイバルに挑む。


『極主夫道』が終わる日に、10月日曜ドラマ『極主夫道』から来年1月の日曜ドラマ『君と世界が終わる日』への夢のバトンタッチが実現。絶対に見逃せない最終回に。


元極道がスーパー専業主夫として奮闘する前代未聞の仁義なきヒューマン任侠コメディ『極主夫道』の結末を見逃すな。笑いあり、涙あり、心温まる日曜ドラマ『極主夫道』最終回は、今夜10時30分から放送。お見逃しなく!


『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ

©おおのこうすけ/新潮社



 


※本記事は掲載時点の情報です。