松本潤の“凄さ”、嵐に身を捧げ…舵を取り続けてきた20年の重責

TV 公開日:2020/12/14 55
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixは、2020年12月16日(水)午後5時よりNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI's Diary -Voyage-』の第21話(タイトル:JUN's Diary)を全世界独占配信する。




メンバー個人に焦点を当てるソロエピソードの最後は、松本潤。休止を発表してからの2年。2020年12月31日の“その時”を迎えるまで、ファンと共に走り切るために用意していた様々なプラン。予期せぬこのコロナ禍で、苦渋の決断を迫られながらも“今できる最善”を尽くしてきた彼らが辿った、険しく厳しい道のり。そのすべての裏側に、嵐のため、身を捧げるように尽力してきた松本の姿があった。


デビューまもない頃からコンサートの演出を手掛け、嵐という巨大なプロジェクトの舵を取り続けてきた20年…松本が担ってきた、その重責は計り知れない。エンターテインメントを愛し、嵐としての表現とその可能性を信じ、ファンを思い重ねてきた努力と研鑽。そうした彼の献身を一番近くで見つめ、共に歩んできたのがメンバー4人であり、このドキュメンタリーを通して、やっと伝わり始めた“松本がやっていることの凄さ”は、メンバーが一番世に知らしめたいと思っていたことだろう。

どれほど苦しみ、傷つき疲弊したプロセスだったとして、振り返ればすべて「楽しかった」と言い切る“enjoy”の精神、プロフェッショナルな“仕事人”としての矜恃はもちろん、「松本潤です。嵐の5分の1です」という自己紹介も非常に彼らしく、メンバーが誇らしげに「俺らにしか語れない」と嬉々として愛すべき人柄を語る姿や、松本をよく知るスペシャルゲストに見せるリラックスした表情など、全てが見所となっている。


■Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ 『ARASHI's Diary -Voyage-』

Netflixにて全世界独占配信中
出演:相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔
エピソード:全20話以上(毎月不定期配信予定)


▼過去の記事はこちら


『ARASHI's Diary -Voyage-』21話予告編

※本記事は掲載時点の情報です。