『社内マリッジハニー』板垣瑞生、突然の結婚報告に大反響「キュンキュンして息が止まった」

TV 公開日:2020/12/11 28
この記事を
クリップ

板垣瑞生演じるドS男子・三浦真夏と、松井愛莉扮するあざと女子・春田あみのキュンキュンする恋愛心理戦と甘すぎる新婚生活が話題のMBSドラマ特区『社内マリッジハニー』。

第4話では、真夏があみと即日婚した理由も明かされ、二人の仲はさらに深まったと思われたが、第5話では、真夏の元カノが現れるという波乱な展開。しかし、いろいろあったものの雨降って地固まるで、さらに強固な関係になった真夏とあみにネット上では「心臓止まった」「胸がキュンキュンして息が止まった」とキュン死が続出した。



スマホを見つめて悩ましい顔をする真夏の寝室にやってきたあみは「私、やっぱり三浦さんのお母さんのためにも、もっと三浦さんのこと大事にしようと思いました」と宣言。そんなあみに「十分大事にされていると思いますけれど」と言う真夏だったが、あみは「もっともっとです。私たち素敵な夫婦になりましょうね」とイチャイチャモード。


二人の秘め婚も順調に進んでいるが、あみはずっと自分のことを「春田さん」と呼ぶ真夏がちょっぴり不満。「これからはあみって呼んで」と提案するが、爽やかな笑顔で「却下です」とドSぶりを発揮し、瞬殺する真夏。その理由を、うっかり会社で下の名前で呼んでしまい、夫婦であることがバレると困るといい、あみを納得させる。



「私たちいつまで夫婦ってこと隠しておくのだろう」と悩ましいあみ。そんな意地悪な真夏に、あみは「差し入れと一緒に渡せば、みんなに怪しまれないですよね」と言って、自宅に忘れていったお弁当を会社の同僚がいる前で届けるという思いきった攻撃に。仕返しをしたつもりのあみだったが、「もしかして三浦さん、みんなに奥さんが私って思われたくないのかな」と弱気に。


 

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 13件)