香取慎吾主演 新ドラマ『アノニマス』クセの強い4名の“指対”キャスト解禁

TV 公開日:2020/12/12 25
この記事を
クリップ

<清水尋也(四宮純一 役)>
役紹介:ホワイトハッカー。指対室デジタル担当。

コメント
四宮純一を演じます、清水尋也です。素晴らしいキャスト,スタッフの皆さんと共に、一つの作品へと臨める事を光栄に思います。香取さんをはじめ、大先輩方との共演は身の引き締まる思いです。この作品を通じて様々な事を学び吸収し、人として、役者としてまた一つ成長していきたいと思っています。"アノニマス"という作品に込められたメッセージや、四宮純一という人間を、芝居を通じて皆様にお届け出来るよう精一杯演じさせて頂きます。昨今、社会的に問題視されているSNS上での誹謗中傷。SNSと共に育ってきた世代の人間として、目の前の現実から目を背ける事なく、誠実に向き合っていきたいと思います。宜しくお願い致します。

<勝村政信(越谷真二郎 役)>
役紹介:指対室室長。温厚な人柄で、万丞と指対室メンバーの板挟みにあいがち。

コメント
撮影は本当に楽しみです。昔SMAP×SMAP で共演した時に上から泥の中に落ちるコントがあって、香取くんと二人きりになった時に香取くんから小声で「落として!落として!」っていわれて香取くんが泥んこになったことを思い出しました(笑)。
俳優を始めた頃に東映の刑事ものなどは演じさせていただきましたが、その頃の刑事ものと最近の刑事ものは犯罪の種類が違うので、まるで別物になっていると感じます。昔は拳銃を打つシーンが多かったですが最近はネット犯罪や詐欺などの事件を扱うことが多くなりそういう役に対応をしないといけないんだなと思っています。昔の刑事ドラマのように勧善懲悪で犯人を叩きのめして最終的にみなさんの溜飲が下がる、スカッとする、というストーリーが多かったですが、今は犯人を捕まえても被害者の思いに焦点があたり釈然としないストーリーの作品も出てきた。今は現実がそうなっている。アノニマスの第1話でも被害者に焦点が当たる。ドラマの水準が上がり、市井にあってきた、夢物語ではなくリアリティを描くようになってきたと思っています。
(ドラマを通じて伝えたいのは)「希望」です。亡くなった命は戻ってこないですが、これからすこしでも悲しい思いをする人たちが減っていくよう、僕らも頑張っていかないとと思っています。


プロデューサーコメント「香取さんを主人公にお迎えしたので…」

<濱谷プロデューサー コメント>
33年ぶりのテレビ東京出演の香取さんを主人公にお迎えしたので、
周りはテレビ東京らしいクセの強いメンバーで囲みたいという想いでキャスティングしました。
指殺人対策室=略してゆびたい、本当にクセの強いメンバーが揃いました。
石井裕也監督の映画「町田くんの世界」で、猪突猛進の体当たりの演技が鮮烈で、ブレイク中の関水渚さん。
白石和彌監督「ひとよ」、市井昌秀監督「台風家族」など、ここにきて脂がのりまくっている女優、MEGUMIさん。
中島哲也監督「渇き」、山戸結希監督「ホットギミック」をはじめ、唯一無二の異彩を放つ若き怪優、清水尋也さん。
そして、同クールの「バイプレイヤーズ」でもご一緒し、見ない日はない活躍ぶりの名バイプレイヤー勝村政信さん。
香取慎吾さん演じる捜査一課出身の万丞渉と、どんな化学反応が生まれるのか楽しみです。
まだ発表していないキャストも、これまた実力派で個性派です。お楽しみに!


あらすじ

SNSのトラブルが後を絶たない。警視庁は、世論の声に応えるべく試験的に専門の対策室「警視庁指殺人対策室」(通称「指対(ゆびたい)」)を新設した。SNSの情報を分析し捜査に役立てるとともに、誹謗・中傷の撲滅を目指し市民からの相談に乗る――そんな理念を掲げつつ、実際には世間に対するポーズとしの部署新設であり、集められたメンバーは、万丞渉(香取慎吾)をはじめ、出世コースから外れたクセモノばかり。
そんなある日、一人の中年女性が対策室を訪ねてきた。先日、一人暮らしをしていた娘が自殺したのだが、警察は「事件性なし」として早々に捜査を打ち切っていた。だが、ファッションモデルである娘がネット上で激しい誹謗中傷に遭っていたことを知り、娘を死に追いやった人たちを捕まえてほしいと依頼。「指対」の捜査が始まる…!

■『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』
【放送日時】2021年1月スタート 毎週月曜よる10時
【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
【配信】動画配信サービス『Paravi』にて配信予定
【主演】香取慎吾
【出演】関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信 ほか

🄫 「アノニマス」製作委員会

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。