篠原涼子 “禁断の不倫愛” に挑む、累計220万部超の大ヒット漫画『金魚妻』Netflixで配信

TV 公開日:2020/12/10 18
この記事を
クリップ

女優の篠原涼子が、Netflixとフジクリエイティブコーポレーションが企画・製作をするNetflixオリジナルシリーズ『金魚妻』で主演を務めることが決定した。本作は2021年に配信となる。



連日、世の中を賑わす不倫ネタ。その禁断の想いは、多くの既婚者が抱える“潜在的”願望。この禁断の不倫愛を題材に、グランドジャンプめちゃ(集英社)で連載中、累計220万部を超える黒沢Rによる大ヒット同名漫画を原作にしたNetflixオリジナルシリーズ『金魚妻』の制作が決定した。

風情ある風景が残る下町に隣接する高層タワーマンションの最上階。平賀さくらは、ある事故をきっかけに夢を諦め、美容室を経営する夫と結婚。今は専業主婦として、誰もが羨む華やかな生活を送っていた。だが一人になった時、彼女の心はいつも悲しみに包まれているのだった。一度は愛し、結婚した夫から受ける言葉と身体への暴力。それでも夫と暮らす家を出る事が出来ないさくらは、金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねるのだった。そしてある日、“金魚”をきっかけにある男性と出会う。そして、さくらはありのままの自分を受け入れてもらえたことで、今まで押し殺してきた気持ちを抑えることができず、さくらは一線を超えてしまう。それは、一時だけの不倫なのか、それとも運命の出会いなのか―。



主演は、『アンフェア』『ハケンの品格』など数々の大ヒットドラマで主演を務め、また『北の桜守』で第42回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、『人魚の眠る家』で第42回日本アカデミー賞優秀主演女優賞をW受賞したことも記憶に新しい、人気・実力とも日本を代表する女優・篠原涼子。その篠原が挑む禁断の不倫愛。その愛は、裏切りなのか、それとも運命なのか――。

Netflixオリジナルシリーズ『金魚妻』は2021年、Netflixにて全世界配信予定。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)