吉岡里帆、Eテレアニメに“声とうた”で出演『えとえとせとら』正月放送

TV 公開日:2020/12/09 14
この記事を
クリップ

Eテレで平日放送中の「プチプチ・アニメ」が、正月に放送するスペシャルアニメが完成した。


声とうたで吉岡里帆が出演

原案とキャラクターデザインを安齋肇が手がけ、声とうたで吉岡里帆が出演する『えとえとせとら』。


干支のなかまになりたいねこが、十二支たちと繰り広げるお正月にぴったりの物語を、吉岡里帆のうたにのせて届ける。

コメント

<安齋肇メッセージ>

「干支は、ヒーローたちが結成したスーパーグループだ。キミの干支もいるんだぜ。一緒に歌って覚えちゃおう!」なにしろ彼らは12年に一度は必ず大ブレイクするスーパーアイドルですし、しかも世界中から愛されているニャンコまでがメンバーに加わるわけです。彼らがのびのびと活躍できるように、彼らのありのままの姿を描こうと挑みました。それが立体になって泣けたっすマジ泣けたっす。僕の机の上で生まれた彼らが、あんなことやこんなことになるとは。笑。素晴らしいです幸せです。青松拓馬監督の世界は、いつも優しい空気に包まれていて、邪鬼を吹っ飛ばし安らぎを与えてくれます。とてもリラックスできるんです。ピリピリと緻密な作業の中からこの優しさにたどり着くなんて大変な努力です。意思の強い方なんだなあと尊敬します。

『えとえとせとら』は、去年の夏、いまは旅立ってしまった僕の奥さんと考えた思い入れのあるタイトルです。十二支をチャンと言えるオトナってカッコイイですよね。ねぇうしとらたつみぃうまひつじねこたこごぼううにゃむにゃって、僕だけかな。彼らは誰ひとり欠けても十二支ではありません。うにゃむにゃとエトセトラで有耶無耶にしてはいけないのです。そんな彼らの絆と可愛い個性にまつわる物語が、観てみたかったんです。

<吉岡里帆メッセージ>

子ども向けアニメーションの歌をうたうのは初めてでしたが、ちっちゃい頃からプチプチ・アニメの「ニャッキ!」やみんなのうたを見ていたので、あこがれがありました。緊張感もありましたが、このアニメーションを子どもたちが初めて見たとき、干支の仲間はこんなにかわいくっておもしろいんだよと伝わるよう歌をうたったり、演じたりしたいと思いました。とても貴重で楽しい経験でした。

アニメーションの干支の仲間たちは、個性豊か楽しい唯一無二なビジュアルで登場しています。とても愛嬌があってかわいいので、アフレコをするときはそれぞれのキャラクターらしさと親しみやすい高い音を出すように気をつけながら、子どもたちが見たときに楽しい気持ちになってくれるような発声を意識して演じてみました。ストーリーは干支にあこがれているねこちゃん目線で進んで行きます。動物の演じ分けをがんばったので、みなさんが好きなキャラクターを見つけてくれるとうれしいです。そしてぜひ一緒に歌ってみてくださいね!

【画像】『えとえとせとら』キャラクターの写真


放送スケジュール

■プチプチ・アニメお正月スペシャル『えとえとせとら』

原案・キャラクターデザイン:安齋肇
声の出演とうた:吉岡里帆

#1「まてまて~」
放送予定:Eテレ 1月1日(金)午前 8 : 25 ~ 8 : 30
     Eテレ 1月1日(金)午後 5 : 50 ~ 5 : 55
     Eテレ 1月3日(日)午後 3 : 50 ~ 3 : 55

#2「うたうた!」
放送予定:Eテレ 1月1日(金)午前 8 : 55 ~ 9 : 00
     Eテレ 1月2日(土)午前 7 : 25 ~ 7 : 30
     Eテレ 1月3日(日)午後 3 : 55 ~ 4 : 00

(C)安齋肇・NHK・NEP

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ