波瑠&松下洸平 至近距離で“イチャコラ”、ピュアな2人がSNSで話題「多幸感がすごい」

TV 公開日:2020/12/08 14
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』の第8話が9日22時より日本テレビ系で放送される。本日第8話より場面カットが到着した。



先週放送の第7話で、SNSで恋をした「美々(波瑠)=草モチ」と「青林(松下洸平)=檸檬」が、SNS に頼ることなく初めて打ち解けた会話ができ、二人が手を繋いで一緒に眠ってしまったシーンは、「ピュアな二人がいい!」「手繋いだだけでもキュンキュン」「多幸感がすごい」…など、SNS で話題に。


第8話でも、美々(波瑠)と青林(松下洸平)の「#イチャコラ」シーンが続々。部屋着姿の二人が至近距離でイチャつくシーンや青林や美々のために朝食を準備するシーン一緒に部屋の掃除するシーンなど、ピュアな二人の「#イチャコラ」シーンは必見の内容になっている。



そんな順調な日々を送っていた二人だったが、青林の父が“幼馴染・雪ちゃん”との結婚をまとめるために実家・岩手から上京することに。青林が昔好きだった“雪ちゃん”との結婚話に美々は嫉妬する。しかし、上京してきたのは父ではなく青林の叔母・典子(石野真子)だった!青林は典子に、美々を恋人と紹介するも、典子は“雪ちゃん”との結婚話を断るための嘘だと信じず、「雪ちゃんは風一とよく似ている、優しい子。風一とお似合いだと思うの」と二人の仲を引き裂こうとする。美々と青林の恋は、どうなるのか!?



第8話あらすじ

初めて打ち解けた会話ができた美々(波瑠)と青林(松下洸平)は、順調な日々を送っていた。

この日々がずっと続いてほしいと思う美々は、富近(江口のり子)から恋愛を終わらせないために結婚があると聞く。そんな中、朝鳴(及川光博)に出世コースへの異動の話が舞い込む。一方、八木原(髙橋優斗)もいよいよプロポーズをすることになり……。


青林の父が幼馴染との結婚をまとめるため再び来るという。美々は青林が昔、好意を抱いた幼馴染に嫉妬する。しかし、やって来たのは叔母の典子(石野真子)だった。美々を恋人だと紹介する青林だったが、典子は幼馴染との話を断るための嘘だと疑う。そんな結婚をめぐる騒動の中、ストレスを溜めた美々にある異変が起きる。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)