水川あさみ&山田真歩「仲良くなれそうで、なれない」二人の関係とは…

TV 公開日:2020/12/08 5
この記事を
クリップ

BSテレ東の土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(毎週土曜夜9時~)が、2021年1月30日(土)から放送開始されることが決定。さらに、本作のポスタービジュアルが完成した。



原作は、「第28回山本周五郎賞」、「第3回高校生直木賞」を受賞した、柚木麻子による同名小説。SNS全盛の時代を背景に女性同士の友情を鮮烈に描く衝撃作。大手総合商社に勤め、男性と肩を並べて活躍している主人公のキャリアウーマン・志村栄利子を水川あさみ、栄利子が心酔しているSNS日記「おひょうのダメ奥さん日記」の作者・丸尾翔子を山田真歩が演じる。

そんな本作のポスタービジュアルが完成した。他人との距離をうまくつかめず、女友達がいない二人――。いわゆる“キラキラした青春時代”に叶えることのできなかった“おそろい”の白いワンピースを着た水川あさみと山田真歩。「仲良くなれそうで、なれない」二人の微妙な関係を、官能的かつ寂しげな表情で表しており、二人が偶然出会うことによって、変化していく互いの運命の残酷さと儚い心情が感じ取れるようなビジュアルとなった。そして、ビクトリア湖の生態系を破壊したという要注意外来生物のナイルパーチ。あえてカラフルに彩られたナイルパーチの異物感が、物語が進むにつれて変化していく二人の関係を象徴している。

さらに、主題歌がロザリーナの『涙の銀河』に決定。本作を音楽で彩るのは、2018年のデビュー以降、多くのテレビアニメテーマ曲を担当、NHK『みんなのうた』への楽曲書下ろしや、人気ロックバンドとのコラボレーションを実現するなど多岐にわたり活動中のロザリーナ。主題歌の『涙の銀河』は、これまであたためてきた未発表の楽曲。唯一無二の歌声で本作に寄り添う。

栄利子と翔子を取り巻く個性豊かな共演者の情報は近日発表予定。続報をお楽しみに。


<ロザリーナ コメント>
この曲はとても大切にしていた大好きな曲なので、今回ドラマのテーマソングで使って頂けてとてもとても嬉しいです。私は人間関係の悩みや、人の心にはとても興味があります。この作品は人間らしい複雑な部分を描いたお話しということで、私も"女友達が少ないタイプ"ということもあり、とても共感出来るのではないかと思って放送を楽しみにしています。

<プロデューサーコメント 戸石紀子(テレビ東京制作局ドラマ室)>

ロザリーナさんの「涙の銀河」を初めて聞いたとき、女性同士の繊細さや、か細いけれど尊い繋がりを感じ、胸を打ちました。メロディを聴いていると、主人公・栄利子の「深く誰かと繋がっていたい」気持ちとシンクロして、ポップさも感じつつ、じんわりと切なくなる素敵な楽曲になっています。

■土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』
【放送日時】2021年1月クール 毎週土曜夜9時00分~9時55分(予定)
【放送局】BSテレ東(BS⑦ch)/BSテレ東4K(4K⑦ch)
【原作】柚木麻子『ナイルパーチの女子会』(文春文庫)
【出演】水川あさみ 山田真歩 他
【主題歌】ロザリーナ「涙の銀河」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
(C)「ナイルパーチの女子会」製作委員会2021
柚木麻子『ナイルパーチの女子会』(文春文庫)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)