『極主夫道』玉木宏を翻弄し視聴者の爆笑をかっさらったのは…「カオスでありんす」

TV 公開日:2020/12/07 12
この記事を
クリップ

「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化。極道のスーパー専業主夫・龍を玉木宏が演じる日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)の第9話が6日に放送された。


向日葵(白鳥玉季)がクラスメイトを突き飛ばし、怪我をさせてしまった。迎えに来た龍に対して「今日のことママに内緒にして」「買い物行こう」と悪びれない向日葵であったが、龍は言われるままに高いお菓子を買い、美久(川口春奈)にもなにも言わない。


またある日、学校をサボっていた向日葵は交番で保護される。「子供も色々あんねやろ」とまたも強く叱らない龍に、美久は「良くないよ!叱ってあげるも愛情なんだよ。龍ちゃんは甘いと思う」とぶつけるのだった。


雅(志尊淳)の協力で、非行を繰り返す向日葵の「どうせ龍はママのことが好きなんだから私のことなんてどうでもいいのかな」という本音を聞き出した美久は、龍の愛情を示すために町民らを巻き込んだ偽装誘拐作戦「向日葵愛情物語」を決行。慣れない演技にゆかり(玉城ティナ)や田中会長(MEGUMI)は四苦八苦する。


「肋骨が折れた」と主張しつつ、全力の身振り手振りで演技をするゆかりや、向日葵をさらった男の風貌を聞かれ、無関係である虎二郎(滝藤賢一)の特徴を話す田中会長に、視聴者からは「肋骨折れてねえだろw」「演技ヘタかwww」「関係ない虎二郎w」とツッコミが殺到した。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)