『MIU404』プロデューサーがドラマ裏話を惜しげもなく公開

TV 公開日:2020/12/07 28
この記事を
クリップ

動画配信サービス「Paravi」で独占配信中の、TBSとテレビ東京がコラボしたバラエティ番組「考えすぎちゃん」に、TBSの名作ドラマを多数手がけたプロデューサー2人が登場する。


この番組は、TBSとテレビ東京のコンテンツを数多く配信しているParaviならではのスペシャルコラボ番組で、MCは女優・ファーストサマーウイカ、芸人・ハナコの岡部大、Creepy Nuts・DJ松永という、今旬の3人が務め、テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行が進行を担当する。第1弾の#1~4が配信されるとSNS上では「おもしろかった!」「ここまで言っていいのか?」「第2弾はいつなの?」など話題となり、早くも続編が熱望された。また初回配信スタート時にはParaviの人気ランキングに入るなど反響も大きかったことから、第2弾の収録が決定。そして11月23日に都内で収録が行われたことがSNS上で情報解禁されると「待ってました!」「第2弾決定してよかった!」など喜びの声が溢れ、一時Twitterでも“#考えすぎちゃん”がトレンド入りするほどとなった。


第2弾ではゲストに『3年B組金八先生』や『MIU404』を手がけたTBSのプロデューサーのふたりが登場。まず一人目は1979年から2011年までの32年間に渡ってTBSで放送され、全8シリーズと12のスペシャル回にも及ぶ学園ドラマの代表『3年B組金八先生』や『ドラゴン桜』など名だたる学園ドラマで演出に携わった三城真一プロデューサー。


そしてもう一人は、第58回ギャラクシー賞上期入賞作品『MIU404』(綾野剛&星野源がW主演)をプロデュースし、その他にも『アンナチュラル』『中学聖日記』『わたし、定時で帰ります。』などを手がけた新井順子プロデューサー。実は新井プロデューサーは社会人になって初めてついた番組が「3年B組金八先生」で、当時は一番下のアシスタントディレクターだったという。


収録では当時の撮影の裏側から、キャスティングでの目の付け所など、TBSドラマ班・知られざる秘話の数々が披露され、「3年B組金八先生で武田鉄矢が起用されたのは、ミュージシャンだったから!?」「卒業式後のホームルームのシーンは、実は金八先生のアドリブ」などのエピソードには、最近ドラマにも活躍の場を広げているファーストサマーウイカ、ハナコ岡部も興味津々。



また新井順子プロデューサーは、『MIU404』での逸話も披露。「実は10年前に機動捜査隊の企画書を書いていた」「通信指令室のセットをデザインする際は、撮影取材がNGだったため警察の見学ツアーに一般人として参加して、レイアウトや小物をとにかく目に焼き付けた」などMIU404のファンにはたまらないエピソードを惜しげもなく公開。他にもドラマを作る上で大切にしている事やこだわり、ドラマの仕事をした上ですごいと思った芸人についても語る。番組後半ではそんなプロデューサー達がParaviでよく見ているコンテンツも発表。そのコンテンツを選んだ理由も気になるところだ。


待望の第2弾ということで、その嬉しさからか、熱量は冒頭からマックス。今回は5話に増量しての配信が決定。配信ならではの自由過ぎるトークや、ここでしか聞くことが出来ないMC3人の内面や、ドラマの裏話などを存分に味わってみてはいかがだろうか。


■『考えすぎちゃん』
配信日時:2020年12月7日(月)17時 #5配信スタート。以降5週に渡り配信予定
出演:ファーストサマーウイカ、ハナコ 岡部大、Creepy Nuts DJ松永
   テレビ東京プロデューサー 佐久間宣行
ゲスト:TBSテレビ 三城真一、TBS SPARKLE 新井順子


▼年末年始の野木作品 一挙放送についてはこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)