『極主夫道』今夜のナレーションは…あの「七色の声を持つ男」

TV 公開日:2020/12/06 14
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中のヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。


今夜、ドラマ『極主夫道』いよいよ最終章へ突入する。いよいよクライマックスを迎える『極主夫道』だが、家族の崩壊の危機を迎える。今まで、美久と離婚の危機も乗り越えたが、今度は向日葵との間に亀裂が入ってしまう…。ママチャリ大爆走で、町を駆けまわる龍。一体、龍は、解決できるのか・・・。


そして、ドラマ『極主夫道』では、これまで、千葉繁、大塚明夫、日野聡、津田健次郎、内田真礼と豪華な声優陣が、極主夫道に息を吹き込んできた。今夜放送の第9話のナレーションには、「七色の声を持つ男」といわれている、山寺宏一が決定した。山寺のナレーションが、ドラマ『極主夫道』のどのシーンでの登場となるか、是非、注目してほしい。


日曜ドラマ『極主夫道』は、今夜10時30分から。カチコミ注意! 


【関連】『極主夫道』玉木宏も絶賛!川口春奈のウェイトレス姿は「なぜこんなにもかわいいのか」


『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ

©おおのこうすけ/新潮社


※本記事は掲載時点の情報です。