藤原竜也のアドリブビンタに驚き ドラマ初出演 少年忍者3人が共演語る

TV 公開日:2020/12/05 8
この記事を
クリップ

藤原竜也が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系の2021年1月12日火曜よる9時スタートの新連続ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』に、ジャニーズJr.のアイドルユニット 少年忍者に所属する元木湧、内村颯太、深田竜生の出演が決定した。



このドラマは、学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原竜也)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメントだ。

このたび、ジャニーズJr.のアイドルユニット 少年忍者に所属する元木 湧、内村颯太、深田竜生の出演が決定した。3人は、この作品が、テレビドラマ初出演となる。赤嶺中学校教師・浅村涼子(真木よう子)が夜の街を見回りしている途中で、カツアゲをしている現場を目撃される慶城附属中学校の生徒役を演じる。嶋田隆平(藤原竜也)と涼子が出会う大事なシーンへの出演。ベテラン俳優に囲まれながらも臆することなく演じた3人は「ドラマの撮影は初めてでしたが、緊張せずに望めました」(元木)、「今回、新たな一面に期待していてください!」(内村)、「同じグループの2人が一緒に出演しているので凄く安心して演じることができました」(深田)と、コメント。藤原竜也とのアクションシーンもあり、いったいどんな仕上がりになっているのか期待が高まる。

<元木湧(少年忍者/ジャニーズJr.)コメント>
Q.出演した感想はいかがでしたか?

ドラマの撮影は初めてでしたが、緊張せずに望めました。これまで舞台でのアクションは経験していましたが、ドラマでは初めてなのでとても勉強になりました。
舞台とドラマの演技の仕方は少し違うと感じ、舞台だとお客さんに伝わるように感情をこめて、ドラマだと演じる役柄の性格をより意識しないといけないなと思いました。役柄の年齢が近かったので演じやすかったですが、いじめる役だったのでそこは難しかったです(笑)。学生で何も考えていなさそうな感じや凄くイキッた感じなどイメージして演じさせていただきました。

Q.藤原竜也さんと共演はいかがでした?
アクションシーンでは実際に藤原さんに分かりやすく当てていただけたので、自然に激しく躍動感のあるアクションが出来たと思います。

Q.視聴者の方々へメッセージをお願いします!
今回はいじめっこ役ですが、あくまでも役ですので勘違いしないでください(笑)。でも、ドラマを見ていただいて嫌なやつだと思われることが目標です!このドラマで僕のことを知ってもらえるきっかけになればと思います。


1/2ページ