TEAM NACS全員が出演する唯一の北海道ローカルバラエティーが全国放送決定

TV 公開日:2020/12/05 19
この記事を
クリップ

HTB(北海道ローカル)で12月9日(水)よる7時放送の『ハナタレナックスSP ウポポイに隠された美しき宝を探せ!』が、この度、BS朝日にて来年1月17日(日)午後1時から放送決定。TEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)の5人全員が出演する唯一のバラエティーということで、ネット上でも全国放送を望む声が多かった同番組を全国の視聴者にお届けする。

これまでにないスケールの“謎解き”に大泉洋は「簡単だな!」

番組の舞台は、アイヌ文化の復興と発展の拠点として今年7月に北海道白老町に誕生した民族共生象徴空間「ウポポイ」。そのオフィシャルサポーターを務めるTEAM NACSの5人は、広大な敷地の各所に散りばめられた謎解きゲームに挑戦することに。これまで深夜レギュラー放送で過去3度やってきた謎解き企画だが、今回はゴールデンタイムでの放送ということもあり、番組スタッフも気合十分。これまでにないスケールで巧妙に仕組まれた謎の数々に対し、過去の同企画で目立った活躍がみられない大泉は「簡単だな!(笑)」と余裕の表情。果たして、今回はどんな活躍をするのか?戸次は「とてつもない仕掛けが待っているので、楽しみにしていただきたい!」と猛プッシュ!謎に隠された後半の衝撃サプライズは見逃せない。


アイヌ語で“ハゲ”は何と言う?

「ウポポイ」全面協力のもと、休館日の施設を1日貸し切って行われた撮影だったが、この日はあいにくの…いや、お約束というべきなのか、TEAM NACS名物の“雨男”大泉らしい悪天候。波乱の幕開け?かと思いきや…5人そろって初めてのウポポイにハイテンションで収録がスタート。「イランカラプテ※(こんにちは)!」から始まり、次第に知的好奇心が高まったメンバーが投げかけた質問は、「アイヌ語でハゲは?」。いつもは俳優として大活躍の面々だが、この番組では、地元北海道ローカルだからこその素顔がまる出しに。幅広い年代の方に、5人と一緒に楽しくアイヌ文化の魅力に触れられる1時間となっている。

※「イランカラプテ」の「プ」は小文字


【次ページ】TEAM NACS、番組の見どころ語る

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)