鞘師里保、モーニング娘。卒業後初の映像作品で可憐なダンス披露

TV 公開日:2020/12/04 4
この記事を
クリップ

『きのう何食べた?』や『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『浦安鉄筋家族』など、数々の話題作を生み出しているテレビ東京・金曜深夜の「ドラマ24」。10月2日深夜0時12分からは、記念すべき第60作目となる『あのコの夢を見たんです。』を好評放送中。



原作は、国民的お笑い芸人、南海キャンディーズ・山里亮太が、実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した初の短編小説作品。主人公・山里亮太役を若手実力派俳優・仲野太賀が演じ、各話ヒロインには、中条あやみ、芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザ、橋本愛と、テレビ東京深夜ドラマ史上最も豪華な女優陣の出演が話題となっている。

今夜12月4日(金)放送の第10話「また明日」には、元モーニング娘。の絶対的エースで、舞台やミュージカルなどにも活躍の場を広げる鞘師里保がヒロインとして登場する。テレビ東京ドラマ初出演かつ、モーニング娘。卒業後初めての映像作品への出演となる。山里亮太が新規書き下ろしで描いた鞘師里保の物語。舞台女優を目指す少女役として、天真爛漫で何事にも真っすぐなヒロインを演じる。


さらに、劇中では彼女の代名詞である可憐で爽快なダンスも披露。5年ぶりの活動再開と共に、パワーアップして戻ってきた鞘師里保の演技とダンスシーンに是非、ご注目いただきたい。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)