『極主夫道』眞島秀和ら参戦、蝶野正洋は風邪ウィルス役!?

TV 公開日:2020/12/04 21
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中のヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が演じている。

毎週、龍ワールド全開で、町内会のメンバーや昔の仲間、時には警官さえも巻き込んで、龍が愛する家族と愛する町を守るため、日々ドタバタ奮闘劇を繰り広げているドラマ『極主夫道』。龍を取り巻く、個性豊かすぎる各キャラクターたちがスパイスを加え、時に笑いを巻き起こし、時に涙を誘う、仁義なきヒューマン任侠コメディーとして、毎週お届けしている。家事に奮闘する専業主夫のシーンはもちろん、4話&5話では、龍と美久の二人の胸キュンラブストーリーとも言えるプロポーズのシーンや、キャッチボールにバレーボールと運動神経抜群なシーンも披露し、愛する家族や町内会の人たちはもちろん、お茶の間の視聴者の心をつかんでいる、龍。そんな龍が、第9話&最終回でも、相棒のママチャリで走り、走り、走りまくる!一体、龍に何が…!?


さらに、今まで、愛する家族と町のために、走り続けてきた恩返しに、今度は、みんなが龍のために走りまくる…!?いよいよ、最終章に突入したドラマ『極主夫道』。


そんなドラマ「極主夫道」最終章開幕にふさわしく、個性豊かすぎる豪華なゲストのカチコミが決定した。『おじさんはカワイイものがお好き。』主演の眞島秀和が医者役として、コロナ禍の自粛期間中に原作『極主夫道』にはまりすぎた国生さゆりが向日葵の友達の母親役として、さらには蝶野正洋が風邪のウィルス役として、それぞれ龍と対峙し大暴れする。ドラマ『極主夫道』も残り2話!日曜よる10時30分からの放送をお見逃しなく。


【関連】『極主夫道』玉木宏も絶賛!川口春奈のウェイトレス姿は「なぜこんなにもかわいいのか」


『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ

©おおのこうすけ/新潮社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)