乃木坂46梅澤美波 CA役を熱演、次に挑戦したい役は「お母さん」

TV 公開日:2020/12/02 15
この記事を
クリップ

乃木坂46の梅澤美波が、12月3日(木)放送の『THE突破ファイル』突破交番&自衛隊 命がけ大救出 2時間SP(日本テレビ系、19:00~)で突破ドラマに初出演、キャビンアテンダント役に挑戦する。



【関連】乃木坂46 梅澤美波写真集、首位発進「たくさん愛してください!」


梅澤は再現ドラマ「高度1万メートル上空で原因不明の病におかされた少女の命を救え!」に武田玲奈、岩田絵里奈アナウンサーと共に出演。

ロサンゼルスから成田へと向かう旅客機内で、急病人が発生。突如、乗客の幼い女の子が高熱にうなされ、呼吸困難に陥ってしまう。キャビンアテンダントの梅澤や武田らは必死に看病を続けるが、乗客の中に医師はおらず、悪天候で地上との交信もままならないため、どんな病気なのかが分からない。対処のすべが見つからないまま、女の子の容態は悪化する一方…。そのとき、梅澤が正しい医療処置を行うためのある方法を思いつく。果たして、高度1万メートルの空の上で突然の病に倒れた少女の命を救った、奇跡の“突破方法”とは――。

今回は、乗客思いのキャビンアテンダントを熱演した梅澤と武田、また、偶然機内に乗り合わせた看護師役で初の本格的演技に挑んだ岩田絵里奈アナウンサーにインタビュー。収録の感想や撮影裏話を聞いた。



⇒次ページ:梅澤美波、初めてのCA役の感想を明かす



1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)