マツコを圧倒する、メジャーアーティストから楽曲提供を依頼される話題の作曲家とは

TV 公開日:2020/11/28 17
この記事を
クリップ

11月28日(土)23時から放送の『マツコ会議』は、独学で音楽を制作し、メジャーアーティストから楽曲提供を依頼される若者たちと中継する。


まずは、作詞作曲から映像制作までセルフプロデュースで行うMega Shinnosuke。SNSに投稿したミュージックビデオは259万回再生を記録し、このビデオが音楽制作スタッフの目に留まり楽曲を提供することになったのだそう。「まだ上京もしていなくて、福岡にいたときなんですけど。可能性って無限大だなって」と語るMega Shinnosuke。そんな彼は、これまでにほとんど音楽を聴いてきたことがなく、CDも買ったことがないんだとか。音楽制作はほぼ独学で行っていて、即興で歌ったメロディーをスマホで撮影してパソコンに取り込んで使うこともあるのだそう。

次に登場したのは諭吉佳作/men。音楽サイトに投稿している自作の曲はすべてスマホのアプリで作ったもので、アプリを教えてくれたのはお母さんだという。このアプリを知るまでは人に自分の音楽を届けられるとは思っていなかったそう。「その人間の一言って、やっぱり大事なんだなって改めて思った。諭吉ちゃんもすごいんだけど、お母さんもすごいわ」と、身近で声をかけてくれる人の大切さを実感するマツコ。

続いてはハスキーな声と大人びた歌詞が話題のみゆな。中3で初めて曲を作ったという彼女は、ギターの弾き語りで制作することが多いそう。最近では、音楽プロデューサーなどと共同で制作する「Co-Write(コライト)」という方法で作ることもあるそうで、そのコライトについても語ってくれる。そのほかにも、いまどきの若者らしい音楽制作のエピソードが続々と飛び出しマツコを圧倒する。

■『マツコ会議』
放送時間:2020年11月28日(土)23:00~23:30
出演者:マツコ・デラックス

©日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)