中村倫也の言動に一喜一憂?『恋あた』四角関係が「ぐるりんと」

TV 公開日:2020/12/01 58
この記事を
クリップ

先週土曜に放送された『王様のブランチ』(TBS)では、第3話で落ち込む里保を抱きしめたシーンについて、台本では呼び方が「北川さん」だったのを、中村が提案して「里保」になったことが明かされた。中村が里保役の石橋に「里保って呼んでいい?」と尋ねているのを見た森は、「あぁ~もうだめ!!このシーンダメ!」と芝居の前から嫉妬の気持ちが作られていたと話した。


そんな中村から今夜放送の第7話について、「四角関係がぐるりんと回ります」との告知が。この発言でまたも視聴者はザワザワ。気になって仕方ない第7話は…


勢いで伝えた「好き」の言葉が、実は浅羽(中村倫也)に聞こえていたことを知り、さらに浅羽から「伝えなきゃいけないことがある」と言われ、動揺する樹木(森七菜)。


そんななか、ココエブリィ上目黒店では、温泉への研修旅行で浅羽が思いついた「コンビニの新しい形」がスタートした。だが、そこで働く浅羽と里保(石橋静河)の姿を後から知った樹木は、気持ちを切り替えようとする。


一方、一向に変わらない樹木との関係を前進させるべく、新谷(仲野太賀)はある決心をする。


果たして「ぐるりん」とはどういうことなのか。今夜の第7話に注目だ。


■火曜ドラマ『この恋あたためますか』
毎週火曜よる10:00~10:57

(C)TBS

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)