『#リモラブ』波瑠がついにカミングアウト、リアルな恋が動きだす

TV 公開日:2020/11/18 13
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』の第6話が今夜放送される。



SNS 上で恋をした“檸檬”の正体が青林(松下洸平)だと知りながらも自分が“ 草モチ”だということをなかなか言い出せない美々(波瑠)。美々に恋心を抱く五文字(間宮祥太朗)は、青林との何気ない会話から“檸檬”が青林ということを知り「檸檬が誰かわかったんです。美々先生頑張って下さい」と、美々の恋を応援。

さらに、八木原(高橋優斗)から「傷つくことから逃げていたら恋なんてできません!」と言われた美々は、ついに、今夜放送の第6話で、自分が“草モチ”であることを青林に面と向かいカミングアウトする!

しかし、青林はその事実を受け入れず、拒絶してしまう……。部屋で一人涙する美々だったが、青林のあることをきっかけに、決死の覚悟で青林を食事に誘い、一緒にラーメンを食べに行くことにー。ラーメンを食べながら、二人は“草モチ”と“檸檬”以前の SNS のやりとりを思い出す。

そして、その帰りにまさかの急展開が!!八木原&栞のバカップルの「#壁ドン」に感化された、美々はある驚きの行動に!?恋に不器用な「草モチ=美々」と「檸檬=青林」の“リアルな恋”は一体どうなるのか?



第6話あらすじ

ついに美々(波瑠)は、「檸檬」に自分の正体を明かすメッセージを送る。「やればできるじゃないですか」と八木原(高橋優斗)は喜ぶが、「檸檬」青林からの返信がない。

焦る美々は「私が草モチです」と面と向かい改めて告白。しかし青林(松下洸平)はその事実を受け入れずまさかの拒絶をしてしまう。

ひとり部屋で涙する美々。そんな中、朝鳴(及川光博)と富近(江口のりこ) は屋台で一緒に飲んで、急接近していた。やがて美々は青林の性格のとある一面を目の当たりにし、心動かされる。決死の覚悟で青林を食事に誘って……。


注:高橋優斗の「高」ははしご高が正式表記。 




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)