『極主夫道』夫婦の秘話に反響!勘違いの連鎖が生んだ奇跡に心温まる

TV 公開日:2020/11/09 8
この記事を
クリップ

「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化。極道のスーパー専業主夫・龍を玉木宏が演じる日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)の第5話が8日に放送された。


4話ラストで車に跳ね飛ばされた龍。龍を跳ねた車から出てきた運転手(りんごちゃん)が慌てて龍の元へ駆け寄り「大丈夫ですか!?」と声を掛けると、龍は地面に横たわったまま「どこのヒットマンや」と睨みをきかせる。


【関連】『極主夫道』第4話・玉木宏、まさかのラストに心配の声続出「龍死なないで」


運転手が「ヒットはしたけど違います!」と一般人であることと説明すると、龍は「せやったらええわ」となんとか起き上がる。病院を勧められるも「注射嫌いやねん」と意に介さず、8メートルも飛ばされた体を引きずるようにその場から立ち去っていった。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)