『極主夫道』けじめの結婚式に胸キュン!川口春奈、人生初の白無垢が美しすぎる

TV 公開日:2020/11/08 11
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。



『極主夫道』第4話&第5話では、龍と美久の二人のなれそめが描かれた。ファミレスでの出会い、二人のやり取り、そして、一本の薔薇に込められた思い・・・。美久は出会った当時のことを思い出し、「ちゃんと、けじめつけなきゃね」と、自分の前に姿を現さない龍にメールを送る。美久は、クライアントへのプレゼンの際に、元極道の龍への思いを伝え、「主夫、なめたらあかんで」と言い放ち、一方の龍は、掛け軸に酒に鯛と自分のインスタにアップし、龍なりのけじめをつけようとしていた。盃ごとの準備をしていると勘違いした雅たちは、盃ごとが行われる場所へ向かうが・・・。


【関連】『極主夫道』玉木宏&川口春奈の熱い抱擁…結婚秘話が遂に完結


龍にとっての“けじめ”=“結婚式”をあげている最中だった。紋付袴姿の龍と白無垢姿の美久、さらに美久の両親やいつもの面々たちが見守る中、式には、龍が準備した、鯛と酒と掛け軸が並ぶ中、取り行われた。勘違いから始まった、恋。そして、結婚。雨の降りしきる中、「けじめ、つけてきたで」と一本の薔薇を渡す龍のプロポーズシーン、川口が人生初の白無垢姿で挑んだ結婚式シーンは、極上の胸きゅんシーンだった。


『極主夫道』も龍ファミリーも、後半戦よろしく!第6話の雅の恋模様が描かれる♡ドラマ『極主夫道』は、日曜よる10時30分から放送。


『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ


©おおのこうすけ/新潮社

※本記事は掲載時点の情報です。