ラストアイドル、4回目の『ミュージックステーション』出演決定

TV 公開日:2020/11/06 13
この記事を
クリップ

ラストアイドルが、11月13日(金)放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演することが決定した。


同番組へのラストアイドルの出演は今回で4回目となり、11月4日にリリースされた最新シングル『何人(なんびと)も』を披露する。


『何人(なんびと)も』は、”殺陣×アイドル”として、殺陣のパフォーマンスを振付に取り入れた楽曲で、刀を振り回すスタイリッシュなダンスがみどころ。殺陣を指導したのは映画『銀魂』シリーズ、『進撃の巨人』等のアクション監督も務める田渕景也。殺陣特有のすり足や、重心を低く構えるポーズなども取り入れ、刀を振ってダンスをする、今まで見たことがない新しく斬新な振付を手掛けたのはバブリーダンスの仕掛け人・akaneと再びタッグを組んだ。


センターを務める阿部菜々実からは以下のコメントが届いている。

「4度目のミュージックステーション、本当に有り難く思います。今回の「何人(なんびと)も」という曲は、殺陣×アイドルということで、刀を持ってダンスをする新しく斬新な作品になっています。3ヶ月間本格的に殺陣を練習させて頂き、そこで培った力を全てパフォーマンスにぶつけて、視聴者の皆さんが、何かを感じていただけたら嬉しいです」

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)