『24JAPAN』出演の時任勇気、父・時任三郎の影響で志した“芸能への道”

TV 公開日:2020/11/13 57
この記事を
クリップ

2019年9月には女性誌「with」編集部が本気で選ぶ「令和のネクストブレイク男子」にも選出された、俳優・時任勇気。

名前から察しが付く方も少なくないとは思われるが、父親に俳優・時任三郎を持つ注目の実力派俳優だ。語学も堪能なうえに186センチの高身長に胸囲100センチという恵まれた肉体を武器に、続々と話題作への出演を果たす彼の最新出演作は、なんと話題の新ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)。

その制作舞台裏や“時任勇気”のパーソナルに迫るべく、ドワンゴジェイピーnewsでは、直撃取材を敢行した。



――注目ドラマ『24 JAPAN』への出演おめでとうございます。


「ありがとうございます。」



――早速ですが、世界的大ヒットシリーズ『24』日本版リメイクへの出演が決定した時の感想を教えてください。


「『24』は日本でも有名な世界的作品なので、日本版にリメイクされるということにも、自分が出演させてもらえるということにも驚きました。色んな意味で少しフリーズしてしまいました(笑)」


――撮影に入る前に準備されたこと、役作りで挑まれたことなどあれば、教えてください。


「まずは原作である『24』を全部見ました。スピンオフ作品も含めて一気に。」



――全部一気にですか!?あのボリュームをよく一気に消化できましたね!


「本当に超大作でした!誰も信じられないし、誰が死んでしまうかもわからないし…。気持ちや感情もかなり揺らぐ作品なので、一気に見るとズッシリ来るんですよ。短期間で一気に見る作品じゃないなと思いました(笑)僕は今回、マイロという役で出演させて頂くのですが、海外出身という設定なので、自分の海外体験を思い出しながら「自分ならこうするよな」と振り返りつつ役作りに挑みました。」



――改めて一気にご覧になると作品の印象は変わりましたか?


「人間が信じられなくなるんですよ(笑)。改めて“人は見かけによらないな”とも思いましたし、良い意味で裏切られ続ける作品なので常に新鮮な気持ちで見ることができました。」


⇒次ページ:父・時任三郎の影響と芸能の道を志したきっかけとは


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)