AKB48 大家志津香&中西智代梨「めんたい娘。」 M-1グランプリ2回戦に登場

TV 公開日:2020/11/04 20
この記事を
クリップ

AKB48のメンバーで、福岡県出身の大家志津香と中西智代梨が漫才コンビ「めんたい娘。」を結成して早2か月。


方言を活かしながら、昔ばなしの“鶴の恩返し”をベースに、“AKBあるある“を織り交ぜたオリジナルネタで1回戦を突破した2人は、昨日ついに2回戦の舞台に姿を見せた。


2回戦は、AKB48でセンターを取ったことがない2人の自虐ネタを柱に、福岡で大家がラーメン店を開くというネタを披露。観客から笑いが巻き起こった。


この舞台の模様と2回戦の結果(11月6日発表予定)を受けた瞬間の2人の様子を、11月8日(日)に「M-1」公式YouTube・公式HPにてお届けする。


<大家志津香コメント>

出番前は大丈夫だったのですが、舞台に立つとひざが震えて…緊張しました。途中でネタが飛んでしまったところがあって、「あ~終わった」と思いました。

それにしても自虐ネタってこんなに笑われると楽しいんですね(笑) センターを経験していなくてよかったと思いました(笑)


<中西智代梨コメント>

めちゃくちゃ楽しかったです!客席を見たらすごい笑ってくれてて…。 あれだけ練習したのに本番はあっという間でした。しぃちゃんが途中ネタ飛んじゃいましたけど、アドリブで変えたのはすごいと思いました。

1回戦のときとは違って、2回戦の結果はすぐに出ないので、この時間がもどかしいですね…。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)