中村倫也 予想外のハグも「いい女すぎて…」 切なさ生む『恋あた』の魅力

TV 公開日:2020/11/09 0
この記事を
クリップ


ドキっとする名前呼びと切ない表情で「笑わなくていい。無理して笑うな」と言うと、強がっていた里保も「本当は悔しかった」と本当の感情を解放する。


優しく抱きしめ「うん」とだけ寄り添うように言って受け止めながら頭をポンポン。「心臓持たない」「破壊力がヤバイ」「それは!!ずるい!!」と視聴者もキュンキュンしたシーンは、里保が主人公の恋敵であっても「社長と北川さんの2人最高すぎん?」「北川さんに感情移入しちゃって最後のシーンたまらん…」「里保さんいい人すぎて報われてほしい」「リホさん抱きしめたい気持ちわかる」と共感の声が多数上がった。


このシーンをドキドキさせるのは、やはり引き込まれる二人の演技。二人の空気、間、声、表情は、何度見てもドキドキしてしまう。『恋あた』キャストはそれぞれ雰囲気を持った、引き込まれる演技をする俳優揃い。森七菜仲野太賀の演技もとにかく自然で魅力的。


そんな4人の四角関係は組み合わせによって違う空気が生まれ、それぞれが魅力的である分、その対比がますます物語を面白くする。そして4人のキャラクターそれぞれに優しさや思いやりがあり、どの人物も共感したり応援したくなる部分がある。その関係性も素敵。誰かがうまくいけば、誰かが悲しい思いもする。でもどちらも愛おしい。そんな切なさが『恋あた』の一つの魅力ではないだろうか。


浅羽と里保の美しいハグを目撃してしまった樹木(森七菜)は、第4話でどんな表情を見せるのか。浅羽に対し「もう何も感じない」と言っていた里保の気持ちは…?


明日の放送に注目だ。


【画像】第4話カットをもっと見る


▼第3話のほっこりしたシーンについてはこちらで!


■火曜ドラマ『この恋あたためますか
毎週火曜よる10:00~10:57
(C)TBS


▼これまでの『恋あた』記事はこちら


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント