小池栄子、“イケオジ” 藤木直人と「中学生みたいな恋愛」にホッコリ

TV 公開日:2020/11/03 17
この記事を
クリップ

有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(毎週火曜夜9時)の第2話が3日(火)夜9時から放送される。10月27日放送の第1話では、女手一つで弟3人を養うためホームセンターで働く安達桃子(有村)が、店をクリスマスに向けて盛り上げるプロジェクトのメンバーとして配送部の“ワケあり男子”吉岡真人(林遣都)と出会う過程が描かれた。



また、和輝(髙橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)の“イケかわ”3兄弟と繰り広げる明るく楽しいやり取りや、弟のサッカーの応援で白熱して審判を突き飛ばしレッドカードを突き付けられる姿や、「あいつら幸せにするって決めたんで」と亡くなった両親の代わりに弟たちのために人生を捧げる決意を語る姿、さらに「吉岡さんみたいな人はバキバキした人と付き合ったりしたらいいんじゃないですかね、例えば私みたいな…」と告白とも取れる発言を無意識にして慌てふためく姿など、“肝っ玉姉ちゃん”桃子のさまざまな一面が垣間見える回となった。


桃子と真人だけではなく、2人を取り巻く人々が主人公となって繰り広げる恋愛サイドストーリーもこの作品の魅力の一つ。第2話からは、桃子の姉御肌な上司で“残念美人”の市原日奈子(小池栄子)と、真人の職場の良き理解者で“爽やかなイケオジ”高田悟志(藤木直人)の恋が本格的にスタート。同じ職場の人間と知らず、偶然出会ったバーで悟志に心を奪われる日南子の姿がコミカルに描かれる。悟志の表情や言葉に対し、「やばいやばいやばい、むっちゃ好きな顔」「顔には何度も騙されてきただろ、日南子ちゃん」「ちきしょう…きれいな顔してやがる…」「このさりげなく肯定してくれる感じが、たまらん!」など、日南子の脳内で繰り広げられる独り言にも注目だ。

ビターな大人の恋愛かと思いきや、子供のように無邪気で明るいラブコメを繰り広げる日南子と悟志。演じる小池が2人の恋愛や、共演する藤木についてコメントを寄せた。

<小池栄子 コメント>

――日南子と悟志のラブコメを演じてみていかがですか?
楽しいです!恋する日南子はかなり乙女ですが、私だけ前に出ていったら嘘くさく見えてしまうところを、藤木さんが私以上に弾けて悟志を演じてくださるので、やはり受け手あってのものだなと思いますね。あんなにキレイな笑顔で、天真爛漫な言葉を投げかけてくれる悟志が相手だからこそ、日南子が本来持っている乙女性が出てくるんだなと思うので、藤木さんの悟志にすごく感謝しています。私も予期してなかったけど、桃子と真人の方が大人で、日南子と悟志はもう何周かまわっちゃって中学生みたいな恋愛です(笑)。これから桃子と真人の恋模様にいろいろな展開が待ち受けていますが、日南子と悟志が出てくるとちょっとホッとするというか、第2話を先に見させていただいて「あっ!いいな!この路線」って感じています。

――2話以降の見どころをお願いします。
最近はドラマも刺激を「もっともっと」と求められていますが、「こういう世界が早く戻ってくるのかも」という半歩先の明るい未来というか、このドラマならではの優しくてほっこりする空気感は絶対に失わないように丁寧に作っていきたいなと思います。視聴者の皆さんも、ぜひ穏やかな気持ちで、火曜の夜にほっこりとした時間を過ごしていただけたらと思います。


■『姉ちゃんの恋人』

毎週火曜夜9時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
出演:有村架純 林遣都 奈緒 髙橋海人(King & Prince) やついいちろう 日向亘 阿南敦子 那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.) スミマサノリ 井阪郁巳 南出凌嘉 西川瑞 ・ 和久井映見 ・ 光石研 紺野まひる 小池栄子 藤木直人 ほか

(C)カンテレ



▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)