3時のヒロインかなで『安全なビーナス』でイケメン“彼氏”に恋する乙女に

TV 公開日:2020/11/01 13
この記事を
クリップ

TBS系で毎週日曜よる9時から放送中の日曜劇場『危険なビーナス』のParavi オリジナルストーリー『安全なビーナス』の第4話に3時のヒロインのかなで、元AKB48の永尾まりや、女優の梶原ひかりが出演することが決定した。第4話は11月15 日(日)の本編放送終了後に配信開始となる。




日曜劇場『危険なビーナス』は、ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説が原作で、正義感が強い獣医の主人公・手島伯朗を妻夫木聡が演じている。伯朗の前に突然現れ「弟の妻」を名乗る謎めいたヒロイン・矢神楓役は吉高由里子。伯朗が楓と共に失踪した異父弟・矢神明人の行方を追ううちに、矢神一族の30億円にもおよぶ遺産争いに巻き込まれていくストーリーだ。毎話謎が深まる展開で、その謎の鍵を握る人物役にはディーン・フジオカ、染谷将太、中村アンら個性あふれる豪華キャストが顔をそろえており、話題となっている。


Paravi オリジナルストーリー『安全なビーナス』は、矢神家から少し離れた隠れ家バー「Venus」が舞台。蒼井翔太演じる美しいバーテンダーのシェリーが、悩みを抱え訪れる客に心をほぐす美味しいカクテルを提供している。そのカクテルを飲むと、自然とみんな心が解き放たれ本音を語り始める…。『危険なビーナス』に登場する矢神家の執事・君津光(結木滉星)や、伯朗の助手・蔭山元美(中村アン)、明人の従妹・支倉百合華(堀田真由)、矢神家当主の専属看護師・永峰杏梨(福田麻貴・3 時のヒロイン)など悩めるモノたちがシェリーの癒しの美酒を求めてやってきて、本編では語られなかった物語の裏側を暴露していく。



第4話でかなで、永尾、梶原が演じるのは、伯朗が務める池田動物病院で知り合った愛犬仲間の愛子、理子、花子の 3人組。女子会の 2 軒目で「Venus」を訪れる。愛犬の話で盛り上がっていたのかと思いきや、それぞれ恋に悩んでいて…。


かなでは、昨年12月に「女芸人 No.1 決定戦 THE W 2019」(NTV)で優勝し、一気にブレイクした「3 時のヒロイン」のボケ担当。彼女たちは、今年は上半期だけで146本もの番組に出演。昨年と比べて出演番組数が一気に増加し「2020 上半期ブレイクタレントランキング」で見事 1 位に輝くなど、今まさに乗りに乗っている芸人だ。そんな「3時のヒロイン」のかなでだが、実は大学で演劇を専攻し、卒業後は女優として活動していた過去を持つ。『危険なビーナス』にレギュラー出演し、Paravi オリジナルストーリー『安全なビーナス』の第 3 話にも登場するメンバーの福田麻貴との共演は叶わなかったが、かなでが過去の経験を発揮してどのような演技を見せるのか、ぜひ注目いただきたい。


かなでコメント

『危険なビーナス』に出演する相方に嫉妬していたら、『安全なビーナス』に出演させていただけることになりました。とても嬉しいです!現場もとても楽しかったです!是非、見てください!!!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)