『極主夫道』玉木宏&川口春奈、夫婦の出会いが明らかに…

TV 公開日:2020/11/01 15
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。

毎週、龍ワールド全開で、町内会のメンバーや昔の仲間、時には警官さえも巻き込んで、物語が進んでいる『極主夫道』。不死身の龍と恐れられた極道が足を洗い、愛する妻のため、家族のため、専業主夫として日々、奮闘しているわけだが・・・。


第4話では、美久の両親が龍の家を訪れるところから、物語は始まる。美久の両親を演じるのは、お母さん役にYOUと、お父さん役に正名僕蔵を迎え、原作でも人気のあるキャッチボールのシーンなどが描かれる。バレーボールのシーンも再現され、まさにスポーツの秋真っ盛りといったところ。


ドラマの後半では、美久の仕事場の話に移っていくが、ひょんなことから、二人は喧嘩となってしまい・・・。そして、いよいよ、第4話から、二人の過去が、徐々に明らかになっていく。原作でも描かれていない、“龍”と“美久”の二人の出会い。二人はどうやって出会い、どこに惹かれ、どのように結婚に至ったのだろうか・・・。至極のラブストーリーは、突然に始まる…!?日曜ドラマ『極主夫道』は、今夜10時30分から!お見逃しなく。


【関連】『極主夫道』玉木宏、元極道の“隠し玉”に「R指定だよw」「日本一ヤバイ!」総ツッコみ

【関連】『極主夫道』玉木宏、エアロビしているだけで爆笑?「再現度高すぎる」「キメ顔やめてw」


『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ


©おおのこうすけ/新潮社


※本記事は掲載時点の情報です。